TOYO TIRE セルビア工場の起工式開く 22年4月生産開始

シェア:
カテゴリー: ニュース
起工式スピーチ
起工式でスピーチする清水社長

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と生産子会社トーヨータイヤセルビアは、12月15日にセルビア共和国インジヤ市の新工場建設予定地で起工式を開催した。式典にはセルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領をはじめ約40名が参加し、建設工事の安全を祈願した。なお、新型コロナウイルス感染対策のため、同社の清水隆史社長は国内からリモートで参加した。

 清水社長は「この工場で生産される製品の多くは、将来、ドイツの新R&Dセンターで設計・開発される予定となっている。当社はヨーロッパでの地産地消を進めていく」とコメントした。

 同社は北米市場を基軸にグローバルでの事業展開を推進している。8カ所目の生産拠点となるセルビア工場を成長戦略を実現するための第一歩と位置付け、欧州のR&Dセンターと連携することでコスト競争力と高い技術力を追求していくという。

 セルビア工場は2022年4月に生産開始予定で、乗用車用及びSUV用、ライトトラック用タイヤを製造する。2023年夏時点に年産約500万本(乗用車タイヤ換算)の生産体制を確立する計画。総投資額は約488億円となっている。


[PR]

[PR]

【関連記事】