TOYO TIRE オールテレーンタイヤ「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」発表

シェア:
カテゴリー: ニュース

 TOYO TIREは6月3日、SUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」(オープンカントリー)シリーズのオールテレーンタイヤの新商品「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」を7月から順次発売すると発表した。発売サイズは15~18、20インチの29サイズで、価格はオープン。

「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」
「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」

 「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」は、様々な気象条件や路面状況での走行にバランス良く対応したオールテレーンタイプの新商品。北米市場では2020年2月に発売して以来高い支持を得ているという。今回はSUV向け本格オールテレーンタイヤとして、日本市場向けに投入する。

 新商品は、トレッド部に大きなブロックを配置した力強いパターンデザインを採用。一般道での操縦安定性と快適性を確保しつつ、キャンプ場など凸凹のある路面や林道などに入った際にも安定した走行をサポートする。

 降雪時における性能も向上し、圧雪路でのブレーキング性能は従来品(OPEN COUNTRY A/Tプラス)比で13%良化した。また、「スノーフレークマーク」の要件を満たしており、「季節を問わず、国内におけるSUVの用途の広がりに対応する」(同社)。

 SUVは街乗り以外にアウトドアやレジャーでの利用も多く、国内で同カテゴリーの新車販売台数は年々拡大を続けている。

 同社は2025年までの中期経営計画の中で顧客志向を発掘・開拓することを掲げており、「今後もSUV市場におけるトレンドやユーザーの動向を的確に把握し、独自性の高い魅力ある商品をお届けする」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】