横浜ゴム

横浜ゴム 安全活動はメーカーの責務
タイヤの日 383
383

横浜ゴム 安全活動はメーカーの責務

 横浜ゴムは4日~11日の8日間、国内のタイヤ販売会社を通じて全国で「ヨコハマタイヤ春の安全啓発キャンペーン」を実施した。  同キャンペーンは4月8日の「タイヤの日」に合わせて実施しているもので、車の利用や遠出のドライブが増える行楽シーズンにタイヤの定期点検やエコドライブに対する意識の向上を図ることが目的。  今回の活動場所は、全国のタイヤガーデン143店舗および高速道路のサービスエリアなど。サー…

タグ: , ,
雨に強く、快適性も向上。最高グレードのウェットを 横浜ゴム「BluEarth RV-02」
レポート 1,810
1,810

雨に強く、快適性も向上。最高グレードのウェットを 横浜ゴム「BluEarth RV-02」

雨に強く、快適性も向上。最高グレードのウェット性能  横浜ゴムは、ミニバン専用低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」を2月から発売する。国内のラベリング制度において、転がり抵抗性能は“A”を維持しながら、ウェットグリップ性能は最高グレードの“a”を獲得した。同社は発売を機に茨城県久慈郡大子町のタイヤテストコース「D-PARC」で試乗会を行った。  同社の環境ブランド「ブルーアース」シリーズの…

タグ: , ,
横浜ゴム尾道工場 グループ唯一のOR専門工場
レポート 2,692
2,692

横浜ゴム尾道工場 グループ唯一のOR専門工場

昨年から超大型ラジアルを生産  古くから観光地として有名な尾道。市中心部からしまなみ海道(西瀬戸自動車道)を越え、車で10分ほど走ると工場が立ち並ぶ地域が現れてくる。その中で入り口にひときわ目立つ巨大なOR(鉱山用・建設用)タイヤが展示されているのが横浜ゴムの尾道工場だ。  同工場は1974年の操業開始以来、2011年までに3期の工場拡張を行っており、2011年の月産生産能力は2006年と比較して…

タグ: , ,
ヨコハマタイヤリトレッド 生産量拡大し、シェア倍増目指す
レポート 2,828
2,828

ヨコハマタイヤリトレッド 生産量拡大し、シェア倍増目指す

生産量を倍増し、シェア拡大図る  横浜ゴムはリトレッドタイヤ事業の強化に乗り出す。これまで他社と比べて取り組みが遅れていたが、子会社のヨコハマタイヤリトレッド(株)では課題だった台タイヤの回収率を高め、生産量を倍増させる方針を打ち出した。引き続き堅調な需要が見込まれるリトレッド市場で巻き返しを図る。  近年、ユーザーの環境意識やコスト削減志向が以前にも増して高まっていることを背景に、リトレッドタイ…

タグ: , , ,
横浜ゴム三島工場 ハイパフォーマンスタイヤ、発祥の地
レポート 1,288
1,288

横浜ゴム三島工場 ハイパフォーマンスタイヤ、発祥の地

 横浜ゴムの国内に5カ所あるタイヤ生産拠点のひとつ、静岡県三島市にある三島工場。同工場が果たす役割や、環境へ配慮した工場づくり、生産性向上への取り組みについて現地取材した。  三島工場の操業開始は1946年。敷地面積は11万2000平方メートルで従業員数は917名。現在の生産品目は乗用車用、レーシング用、ライトトラック用タイヤだが、実は同社のハイパフォーマンスタイヤ発祥の地でもあり、「ADVAN」…

タグ: , ,
横浜ゴム 海老名サービスエリアなどで無料点検実施
タイヤの日 352
352

横浜ゴム 海老名サービスエリアなどで無料点検実施

 横浜ゴムは6日、東名高速・海老名SAで、ヨコハマタイヤジャパンを通じて「ヨコハマタイヤ春の安全啓発キャンペーン」を実施。8日には全国のタイヤガーデン135店舗で無料タイヤ点検を実施した。  このほか5~6日、東京都の代々木公園で開催された「アウトドアデイジャパン2014」にブース出展。さらにSUPER GTの開幕戦が行われた岡山国際サーキットでもPRブースでサンプリングを行い、安全啓発について訴…

タグ: , ,
横浜ゴム 新城工場 海外のモデルとなるマザー工場
レポート 2,342
2,342

横浜ゴム 新城工場 海外のモデルとなるマザー工場

来年、操業開始から50周年  横浜ゴムは6月28日、愛知県・新城工場の見学会を行った。来年、操業開始から50周年を迎える同工場は、隣接する新城南工場と合わせ、現時点で同社最大の生産能力を誇る乗用車用タイヤの主力工場。事業のグローバル化が進む中でマザー工場として同工場が果たす役割、また以前から取り組んでいる各種CSR活動について紹介する。  新城市は、愛知県の東部・東三河の中央に位置する。2005年…

タグ: , ,
グレード最高峰“AAA-a”を達成した横浜ゴムの「BluEarth-1 EF20」
レポート 1,510
1,510

グレード最高峰“AAA-a”を達成した横浜ゴムの「BluEarth-1 EF20」

グレード最高峰“AAA-a”「ブルーアース」のフラッグシップ発売  “エコタイヤ”ではパイオニアの地位を譲らない横浜ゴムから、ついに低燃費タイヤグレードの最高峰「AAA-a」が登場、7月から店頭発売される。転がり抵抗とウェットグリップという二律背反のタイヤ性能を最高次元で両立した、同社の低燃費タイヤブランド「BluEarth」のフラッグシップタイヤである。  商品名は「BluEarth-1 EF2…

タグ: , ,
横浜ゴム タイヤガーデン136店舗巻き込み地域密着で
タイヤの日 650
650

横浜ゴム タイヤガーデン136店舗巻き込み地域密着で

 横浜ゴムは、(株)ヨコハマタイヤジャパンを通じて「ヨコハマタイヤ春の安全啓発キャンペーン」を実施、タイヤ点検やエコドライブに対する意識の向上に務めた。今年は埼玉県の「三井アウトレットパーク 入間」および「タイヤガーデン」全国136店舗で7日、一斉に活動した。各所では、タイヤ点検をPRする文言とイラスト入りの花粉対策セット(ポケットティッシュとマスク)の配布や無料タイヤ点検を行った。  「三井アウ…

タグ: , ,
横浜ゴム ロシア・リペツク新生産拠点本格稼働を開始
レポート 963
963

横浜ゴム ロシア・リペツク新生産拠点本格稼働を開始

成長市場で現地生産、拡販に弾み  横浜ゴムのロシアのタイヤ生産販売会社「ヨコハマR.P.Z.」が、リペツク州リペツク特別経済区に建設した乗用車用タイヤの新工場が5月30日、現地で開所式を行った。経済成長を続けるBRICs諸国を中心にグローバルにタイヤ事業の拡大を図る横浜ゴムが、日系タイヤメーカーでは初めてロシアに現地生産拠点を建設したものだ。年間生産能力140万本、2013年夏にはフル生産に入る。…

タグ: , , ,
日系メーカーで初進出 横浜ゴムのロシア新工場開所で成長市場に先陣切る
ニュース 489
489

日系メーカーで初進出 横浜ゴムのロシア新工場開所で成長市場に先陣切る

日系初進出、成長市場に先陣切る  横浜ゴムのロシア・タイヤ生産販売会社「ヨコハマR.P.Z.」(リペツク州リペツク特別経済区、鈴木伸一社長)は5月30日、新タイヤ工場の開所式を行った。式典には現地の政府関係者、販売会社/販売店関係者など総勢200名の招待客が出席した。新工場は日系タイヤ企業初のロシア工場となる。経済成長が軌道に乗り、将来性の高いロシア市場に横浜ゴムが先陣を切った。  開所式には現地…

タグ: , , ,
被災地支援で連携 ボランティア活動も
3.11 245
245

被災地支援で連携 ボランティア活動も

 現地で汗をかく従業員有志  東日本大震災の被災地では、復旧・復興の道が着々と築かれつつあるようだ。まだ緒に就いたばかりのところも多いかも知れない。しかし復興に向かう現地の底力は強く、またそれを支援・協力する連携が力を発揮しつつある。まだまだ試練の道が続くと思われるが、ゴム・タイヤ産業においても業種・業態を超えた復興支援の連携が繰り広げられ、また被災地支援のボランティア活動も様々な形で積極的に行わ…

タグ: , , , , ,