横浜ゴム

サーキットだからこそ感じる“空気”
コラム 1,652
1,652

サーキットだからこそ感じる“空気”

モータースポーツの魅力をさらに  4月23日に鈴鹿サーキットで「スーパーフォーミュラ」のシーズンが開幕した。天候に恵まれたこともあり、決勝を迎えた24日の観客数は3万2000人と昨年より14%増えた。一時期、人気が低迷していたモータースポーツは、今、再び盛り上がりを見せている。  今年から「スーパーフォーミュラ」へワンメイク供給を開始した横浜ゴムにとっては、1996年以来の国内トップフォーミュラへ…

タグ: , ,
スーパーフォーミュラ開幕 横浜ゴムのADVAN 20年ぶりに復帰
ニュース 1,204
1,204

スーパーフォーミュラ開幕 横浜ゴムのADVAN 20年ぶりに復帰

アジア最高峰のレースで最高の技術を  4月23日~24日、三重県の鈴鹿サーキットで“アジア最高峰”と呼ばれる「スーパーフォーミュラシリーズ」が開催された。およそ20年に国内トップフォーミュラへ復帰すると同時に、初のワンメイク供給となった横浜ゴム。現地で参戦の狙いと今後の展望を聞いた。  「スーパーフォーミュラ」のタイヤには、あらゆるシーンに耐えるオールマイティさが求められる。横浜ゴムがすでに参戦し…

タグ: , ,
熊本地震 タイヤメーカーの一部生産に影響
ニュース 1,533
1,533

熊本地震 タイヤメーカーの一部生産に影響

 4月14日夜、熊本県で発生した地震により、九州全域をはじめ広い範囲で土砂崩れや家屋の倒壊など甚大な被害を及ぼし、多くの死傷者が出ている。  タイヤメーカー関連ではブリヂストンの熊本工場(玉名市)が14日の地震発生後に操業を停止した。従業員の安否確認はできており、人的被害はなかった。熊本工場は建設機械や農業機械に使われるゴムクローラーや高圧ホースなどを生産している。18日午前時点では「再開の目処は…

タグ: , , ,
「タイヤの日」横浜ゴム 海老名サービスエリアなどでタイヤ点検実施
ニュース 295
295

「タイヤの日」横浜ゴム 海老名サービスエリアなどでタイヤ点検実施

 横浜ゴムは4月8日~10日の3日間、東名高速道路・海老名サービスエリアで「春の安全啓発キャンペーン」を実施。タイヤ空気圧や残溝、タイヤ損傷などをドライバーと一緒に確認する無料タイヤ点検を行ったほか、安全啓発アイテムを配布してタイヤの定期点検の重要性をPRした。  同社ではタイヤメーカーの重要な責務として2009年から同様を取り組みを行ってきた。8日の活動に参加した三上修常務は、「夏から冬にかけて…

タグ: , ,
横浜ゴム オランダのATGを1300億円で買収 生産財事業を強化
ニュース 867
867

横浜ゴム オランダのATGを1300億円で買収 生産財事業を強化

 横浜ゴムは3月28日に都内でオランダの農機用・建機用タイヤメーカー、アライアンス・タイヤ・グループ(ATG)買収に関する記者会見を開き、生産財事業を大幅に強化すると発表した。米投資ファンド、KKRおよびATGの株主から11億7900万ドル(約1356億円)で全株式を取得し、7月1日までに買収を完了する予定。今後も安定した成長が見込まれる農業機械タイヤ事業に参入することで収益力の向上を図る。  A…

タグ: , ,
横浜ゴム リニューアルした「北海道タイヤテストセンター」を公開
レポート 2,706
2,706

横浜ゴム リニューアルした「北海道タイヤテストセンター」を公開

 横浜ゴムはこのほどスタッドレスタイヤを中心に実車試験を行うテストコース「北海道タイヤテストセンター」(旭川市神居町上雨紛)を報道陣に公開した。同社は昨年まで国内における冬用タイヤの試験は、「T*MARY」(北海道上川郡)で実施してきたが、全面移転した新たなテストコースは従来の4倍の面積があり、効率的なタイヤ開発が可能となる。各社がより性能を高めた商品開発にしのぎを削る中、さらなるタイヤ性能の向上…

タグ: , ,
横浜ゴム ゴルフの森田選手と契約。タイヤ販売への波及効果に期待
コラム 1,636
1,636

横浜ゴム ゴルフの森田選手と契約。タイヤ販売への波及効果に期待

 ツアー屈指の飛距離が魅力の女子プロゴルファー森田理香子選手。2008年にプロに転向後、2010年にプロ初優勝を果たす。2013年には23歳という若さで賞金女王を獲得している。その森田選手がこのほど、横浜ゴムとの間でPRGR(プロギア)ブランドの用品・グッズ、コーポレートシンボルの入ったキャップやサンバイザー、キャディバッグ等の使用契約を結んだ。  2月に行われた発表会の席で野地彦旬社長は「YOK…

タグ:
横浜ゴム 冬用タイヤの新テストコース完成
ニュース 143
143

横浜ゴム 冬用タイヤの新テストコース完成

 横浜ゴムは1月20日、北海道旭川市に完成した冬用タイヤのテストコースで開所式を行った。同社から野地彦旬社長が参加したほか、旭川市の西川将人市長などが出席した。  新テストコースは昨年3月に上川生産農業協同組合連合会から取得した旭川競馬場跡地に建設した。旭川空港や市内からのアクセスにも優れている。  敷地面積は東京ドームの約19倍となる約90万平方メートルと広大で、直線が約1kmにおよぶ圧雪路のほ…

タグ: ,
住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見
ニュース 391
391

住友ゴム、横浜ゴムのトップが会見

 住友ゴム工業の池田育嗣社長と横浜ゴムの野地彦旬社長はそれぞれ記者会見を行い2015年を振り返るとともに、来年度へ向けた施策を語った。池田社長は「グッドイヤーとのアライアンス解消により欧米での自由度が増す」と意欲を示し、野地社長は国内市場で「新興メーカーと差別化を図っていくことが必要」と述べた。 住友ゴムの池田社長「欧米の基盤整備が急務」    住友ゴム工業の池田社長は12月15日の会見…

タグ: ,
「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション
ニュース 1,073
1,073

「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション

 東京モーターショー2015にはタイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーの4社がブースを出展した。プレスで2日目の10月29日には各社がプレスブリーフィングを開催した。タイヤメーカーが見据える、未来のモビリティ社会へ貢献する技術や取り組みとは――。 住友ゴム工業「課題を技術で超える」  独自の新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」が完成したと発表した。この新…

タグ: , , , , , ,
YOKOHAMAの北米販売最前線 2020年に南部エリアでのタイヤ販売2倍へ
レポート 1,323
1,323

YOKOHAMAの北米販売最前線 2020年に南部エリアでのタイヤ販売2倍へ

南部エリアでのTBタイヤ販売本数 2020年に2倍へ  横浜ゴムは北米市場での供給体制強化にともない、トラック・バス用タイヤの販売量を2020年をめどに現在の約1.6倍の200万本まで引き上げる方針を打ち出した。市販用ではヨコハマブランドのタイヤは大手タイヤディーラーの取り扱い件数はトップ。すでに西部や南部を中心に全米で8割以上のディーラーで販売を行っているが、品質面と耐久性に優れた台タイヤとして…

タグ: , , ,
横浜ゴム 北米新工場が開所 堅調な需要続く市場で地産地消を
ニュース 2,108
2,108

横浜ゴム 北米新工場が開所 堅調な需要続く市場で地産地消を

堅調な需要続く北米で地産地消を確立  横浜ゴムが約360億円を投じて建設していた北米のトラック・バス用タイヤ工場(ミシシッピ州ウエストポイント市)が完成した。現地時間の10月5日に行われた開所式にはミシシッピ州のフィル・ブライアント知事やトレント・ケリー米国下院議員をはじめとした地元政財界の幹部のほか、日系カーメーカーや取引先など約300名が出席した。  ミシシッピ工場は同社にとって単独では北米初…

タグ: , , , ,
横浜ゴム、北米で初の単独工場稼働 将来は200万本体制へ
ニュース 347
347

横浜ゴム、北米で初の単独工場稼働 将来は200万本体制へ

 横浜ゴムは現地時間の10月5日、北米でトラック・バス用タイヤの新工場を稼働した。総投資額は3億ドル(約360億円)で、生産能力はフル操業時に年間100万本を計画している。北米向けにはこれまで独・コンチネンタルとの合弁会社、GTYタイヤカンパニー(米)および日本やタイからの輸入で対応してきたが、新工場の本格稼働により世界有数の商用車市場で旺盛な需要を取り込む。今後、OE納入も拡大させ将来的には合計…

タグ: , ,
横浜ゴムのタイヤ研究開発の中枢拠点「RADIC」
レポート 1,048
1,048

横浜ゴムのタイヤ研究開発の中枢拠点「RADIC」

 横浜ゴムは9月24日、神奈川県の平塚製造所内にある研究開発施設「RADIC」(ラディック)を報道陣に公開し、同社のタイヤ開発の一端を紹介した。  1991年に開所した「RADIC」は、同社の研究開発の中枢。スーパーコンピューターや電子顕微鏡、核磁気共鳴分析装置といった各種機器を駆使して、材料開発やシミュレーションが行われているが、そこには新興メーカーには追随できない高レベルの開発力が集結している…

タグ: ,
シリーズ最高のアイス性能を実現した横浜ゴムの「iceGUARD 5 PLUS」
レポート 657
657

シリーズ最高のアイス性能を実現した横浜ゴムの「iceGUARD 5 PLUS」

シリーズ最高のアイス性能   横浜ゴムが8月から発売した乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 5 PLUS」(アイスガード ファイブ プラス)は、従来品(アイスガード ファイブ)のコンセプトを継承しつつ、“シリーズ最高の氷上性能”を目指して開発した今シーズン注目の新商品。同社が今年2月下旬に北海道の旭川テストコースで開催した試乗会でその性能を体感した。   「アイスガード ファイブ プラス…

タグ: , ,