サステナビリティ

ブリヂストン、国内オフィス拠点を3割削減 働き方改革推進
ニュース 1,673
1,673

ブリヂストン、国内オフィス拠点を3割削減 働き方改革推進

 ブリヂストンは10月29日、国内グループ会社を含めたオフィス拠点を統合・再編すると発表した。来年1月までに首都園や大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡などにある47の主要なオフィス拠点を34拠点に集約する。  同社はこれまで新型コロナウイルスの感染拡大などを受けて、テレワークの拡大やオフィスレイアウトの変更、IT基盤の強化を行っており、「働き方変革を通じた付加価値創造と生産性向上、経営資源の効率…

タグ: , , ,
一人ひとりを尊重する“多様性” 住友ゴムが取り組む魅力ある風土づくり
タイヤ事業戦略 1,587
1,587

一人ひとりを尊重する“多様性” 住友ゴムが取り組む魅力ある風土づくり

 「女性だから体力がなく、この業務は無理かもしれない」、あるいは「特定の国や地域の出身者は自社に合わないのではないか」、さらに「女性ならではの対応」「これは男の仕事」――生活の様々なシーンで多くの人が一度は聞いたことがあるかもしれない。私たちは年齢や性別、国籍、障害の有無など様々な属性を持ちながら日々の仕事に取り組んでいるが、それが就職や昇進などで不利な扱いを受ける場面もある。そうした状況は果たし…

タグ: , , ,
日本ミシュランタイヤのペリニオ社長「サステナビリティがより重要に」
ニュース 661
661

日本ミシュランタイヤのペリニオ社長「サステナビリティがより重要に」

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は10月6日に開催した「ミシュランガイド」の発表会で「新型コロナウイルスの感染拡大を経て、タイヤ事業も含めてサステナビリティ(持続可能性)が重要だと強く感じている。将来もこの方向に進んでいく」と展望を述べた。  ミシュラングループではグローバルで“持続可能なモビリティ”を積極的に推進しており、昨年は2050年までに全世界の工場でゼロ・エミッションを目指す…

タグ: , ,
ブリヂストンの歴史から未来まで「イノベーションギャラリー」公開
レポート 1,460
1,460

ブリヂストンの歴史から未来まで「イノベーションギャラリー」公開

 ブリヂストンは9月15日、東京・小平市に開設した「ブリヂストン イノベーション ギャラリー」を報道陣に公開した。昨年閉館した企業博物館「ブリヂストン TODAY」をリニューアルしたもので、同社の歴史やDNA、事業活動、さらに未来に向けた取り組みを広く紹介する場として活用していく。  同社は技術開発拠点の小平地区を再構築して「イノベーション パーク」とする計画を進めており、今回開設した「イノベーシ…

タグ: , , , ,
ニュース 567
567

「バリアレス縁石」福岡市のランドマークタウンに採用 ブリヂストンなどが開発

 ブリヂストンと横浜国立大学、日本交通計画協会、アドヴァンスが共同で開発した「PlusStop」(プラスストップ)のバリアレス縁石が、福岡市のアイランドシティ内の「センターマークス街区」に10月1日導入された。  「センターマークス街区」は西日本鉄道が中心となり、福岡市が策定した「超高齢社会対応型」健康ネクストタウン計画に基づいて開発を進めている。高齢者向け住宅や多世代交流住宅、コミュニティセンタ…

タグ: , , ,
ブリヂストン 東京・小平の開発拠点を軸に新たな価値創出へ
ニュース 1,043
1,043

ブリヂストン 東京・小平の開発拠点を軸に新たな価値創出へ

 2020年を“第3の創業”と位置付け、「サステナブルなソリューションカンパニー」への変革を進めるブリヂストンは、将来のイノベーションにつながるような技術開発を強化する。今年から来年にかけて第1期が完成する研究開発拠点「イノベーション パーク」を新たな成長の起爆剤として活用し、顧客や社会にとって価値がある商品やサービスの創出につなげる。  「自分たちで断トツの商品、ソリューションをつくり新しい価値…

タグ: , , , ,
ミシュラン 廃タイヤのリサイクルプロジェクトに参加
ニュース 1,042
1,042

ミシュラン 廃タイヤのリサイクルプロジェクトに参加

 仏ミシュランは9月3日、廃タイヤのリサイクルを目指し、欧州各国から13の組織が参加するプロジェクト「ブラックサイクル」が立ち上がったことを発表した。  ミシュランが組織した同プロジェクトは、廃タイヤから新品タイヤを製造する「世界初のプロセス」(同社)を作り出すことで、タイヤのサーキュラーエコノミー(循環経済)の実現を目指す。廃タイヤから原材料(2次原材料=SRMs)を回収するバリューチェーンの創…

タグ: , , ,
コンチネンタル 天然ゴムのサプライチェーンを電子化
ニュース 345
345

コンチネンタル 天然ゴムのサプライチェーンを電子化

 独コンチネンタルとドイツ連邦経済協力開発省は、インドネシアでゴムの栽培から加工、タイヤ生産に至るまでのサプライチェーンを初めて電子的に追跡できるようになったと発表した。  両者は2018年からインドネシアの西カリマンタン州でのプロジェクトのためのパートナーシップを開始している。今回はデジタル・トレーシング・システムによるサプライチェーン全体の文書化に成功したという。小規模農家を対象に持続可能な栽…

タグ: , ,
ブリヂストンが環境中期目標 2030年までの具体的取り組みを公表
ニュース 1,118
1,118

ブリヂストンが環境中期目標 2030年までの具体的取り組みを公表

 ブリヂストンはこのほど、2030年を目標年とした新たな環境中期目標「マイルストン2030」を公表した。事業の成長と環境影響や資源消費の拡大を切り離す「デカップリング」の考えに基づき、環境インパクトの改善と経済成長の両立、事業を通じたサーキュラーエコノミーへの貢献、カーボンニュートラル社会へ向けた商品のライフサイクルやバリューチェーン全体を通じたCO2排出量の削減に取り組む。  この目標の中で、2…

タグ: , , ,
ミシュラン、電動二輪レース「MotoE」に新たな環境配慮タイヤを導入
ニュース 359
359

ミシュラン、電動二輪レース「MotoE」に新たな環境配慮タイヤを導入

 仏ミシュランは7月16日、スペインのへレスで初戦が行われた電動二輪車レース「MotoE」で新しいタイヤシリーズを導入したことを明らかにした。全てのタイヤにバイオ由来の原料と再生素材を使用して製造した。同社では、「当社のMotoEにおける革新的な取り組みは、天然素材や再生素材、バイオマテリアルを取り入れたタイヤの導入により、更なるサステナブルな前進を示す」としている。  ミシュランはMotoE用タ…

タグ: , , ,
住友ゴムがサステナビリティを推進 各国で環境負荷低減へ
ニュース 715
715

住友ゴムがサステナビリティを推進 各国で環境負荷低減へ

 住友ゴム工業は6月に発行した統合報告書2020で、2019年度の「事業活動の環境負荷低減」の取り組みについて報告した。この活動は、同社のCSRガイドラインにおける枠組みの一つで、低炭素社会の構築や循環型社会の形成などを目指すもの。  同社は生産によるCO2排出量の削減に取り組んでいる。2019年度は省エネコンサルティングを活用し、国内工場のCO2排出量は24万2000t-CO2eと前年度比500…

タグ: , , ,
ブリヂストン石橋CEOが会見 強みを活かした“ソリューションカンパニー”へ
ニュース 1,249
1,249

ブリヂストン石橋CEOが会見 強みを活かした“ソリューションカンパニー”へ

 ブリヂストンは7月8日、2050年以降を見据えた新たな中長期事業戦略構想を発表した。この中で掲げたのが「2050年にサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」というビジョンだ。実現に向けて強みのタイヤ・ゴム事業を活かしながら、成長事業としてソリューション事業を一層強化する。さらに、ソリューション事業で得たリソースは、タイヤ・ゴム事業の強化につなげ…

タグ: , , ,
コンチネンタルのタイヤ事業 持続可能性への取り組みを新部門に
ニュース 398
398

コンチネンタルのタイヤ事業 持続可能性への取り組みを新部門に

 独コンチネンタルは6月19日、タイヤ事業の持続可能性に向けた多様な活動を新たな部門の下にまとめると発表した。この取り組みは「Vision(ビジョン)2030」の一環となる。  同社では「持続可能性に特化した組織の創設により、広範にわたる活動や研究プロジェクトをまとめた。持続可能なビジネスモデルや革新的な製品サービスの発展に対するコミットメントを示すものだ」とコメントした。  同社のサステナビリテ…

タグ: ,
日本ミシュランタイヤ「新常態」へ向けて社内改革を加速
ニュース 926
926

日本ミシュランタイヤ「新常態」へ向けて社内改革を加速

 日本ミシュランタイヤは新型コロナウイルスがもたらした「ニューノーマル(新常態)」への対応を加速させる。ポール・ペリニオ社長をトップとする委員会が中心となり、全従業員が参加するオンライン会議を毎週開催して情報共有を緊密にしつつ、組織体制の変革に取り組んでいる。  同社は感染拡大が見られた当初から従業員と顧客の安全を最優先にする方針を決定していた。こうした中で、「未曽有の危機の後、消費者の意識も大き…

タグ: , ,
コロナ禍の社会支える タイヤ・ゴムメーカーがCSR活動を推進
ニュース 1,129
1,129

コロナ禍の社会支える タイヤ・ゴムメーカーがCSR活動を推進

 社会生活に大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。緊急事態宣言が解除されて日常は戻りつつあるが、今も感染症の危険に対峙しながら人々の生活を支えるため、最前線の現場に立ち続ける人々がいることを忘れてはいけない。タイヤ関連企業も様々なノウハウを活かしつつ、エッセンシャルワーカーや円滑な日常生活を支える取り組みを広げている。  今回のコロナ危機により、市民生活や医療現場で物資不足が深刻化している。…

タグ: , , , , , , ,