住友ゴム

プレミアムカーにマッチした“静けさ” 住友ゴム「VEURO VE303」
レポート 886
886

プレミアムカーにマッチした“静けさ” 住友ゴム「VEURO VE303」

プレミアムカーにマッチした“静けさ”  住友ゴム工業は4月5日、2月に発売したプレミアムコンフォートタイヤ「VEURO VE303」の試乗会を同社岡山テストコースおよび近隣の一般道で実施した。同商品がターゲットとする国内外のプレミアムカーを乗り比べ、その高い静粛性や操縦安定性を体感した。  住友ゴムが従来品「VEURO VE302」を発売したのが2007年。それから6年が経過し、プレミアムカーを取…

タグ: , ,
住友ゴム工業 部門の枠を越えた活動に
タイヤの日 322
322

住友ゴム工業 部門の枠を越えた活動に

 住友ゴム工業は4月6日、全国47都道府県のショッピングセンターや道の駅など合計54カ所で一斉にタイヤの安全点検活動「ダンロップタイヤ安全プロジェクト」を実施した。  このプロジェクトは08年10月から春と秋の年2回実施しており、今年で6年目。この日、グループ会社を含め600名近いスタッフが各会場に出動し、合計約3800台の車両を点検した。これにより累計のタイヤ点検台数は約4万台となった。   実…

タグ: , ,
住友ゴム工業 白河工場「労働災害ゼロ」を目指す
レポート 960
960

住友ゴム工業 白河工場「労働災害ゼロ」を目指す

 住友ゴム工業は3月7日、福島県の白河工場内に併設している「安全体感・環境道場」を報道陣に公開し、同工場が取り組んでいるCSR活動を紹介した。作業の現場で起こりうる危険を疑似体験することで、従業員の危険感受性をいかに引き上げ、危険予知能力を高めていくか――「労働災害ゼロ」を目指した取り組みの一端を紹介する。 “恐怖感”を経験  白河工場は、国内タイヤ工場で最大級の生産規模を誇る。敷地面積は60万7…

タグ: , ,
住友ゴム「エナセーブ SP688」の公開燃費テスト実施
レポート 535
535

住友ゴム「エナセーブ SP688」の公開燃費テスト実施

公開テストで「燃費13%向上」を実証  住友ゴム工業は3月7日、TB用タイヤの新商品「エナセーブ SP688」の燃費性能を比較するため東北自動車道を利用した燃費テストを実施した。テスト結果からは旧商品(SP670)と比較して平均13%の燃費向上が実証された。円安と原油高により燃料価格が上昇し、厳しい競争環境に置かれている運送業界にとってコスト削減に寄与することが期待される。  「エナセーブ SP6…

タグ: , ,
住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成
ニュース 427
427

住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成

 住友ゴム工業は10月5日、超高精度を追求した次世代タイヤ新工法「NEO-T01」が完成したと発表した。実際の仕上がりサイズで作られているタイヤ内側の形状をした金属製成形フォーマーに、自動で各種部材を貼り付けていく手法で、走行時の均一性を大幅に向上させた。同社ではこの新工法で製造する第一弾商品として、2014年に次世代ランフラットタイヤを発売する計画だ。 新型ランフラットタイヤ 2014年に発売 …

タグ: , , ,
技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開
レポート 650
650

技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開

ブリヂストン/小平技術センター  ブリヂストンは9月28日、東京都小平市の技術センターにある研究施設の一部を報道陣に初めて公開し、同社のタイヤ研究開発における最前線の取り組みを紹介した。  今回は、トレッドパターンをデザインする「デザインルーム」や天然ゴム(パラゴムノキ)の生産性向上のためのDNA解析を行う「天然ゴム実験棟」などを公開。デザインルームは残念ながら写真撮影はNGだったが、この部署では…

タグ: , , , ,
加速する環境技術 飽くなき技術革新 住友ゴム「環境対応技術セミナー」
レポート 323
323

加速する環境技術 飽くなき技術革新 住友ゴム「環境対応技術セミナー」

加速する環境技術 飽くなき技術革新  住友ゴム工業は9月20日、21日の2日間、神戸本社および岡山県のテストコースで、「環境対応タイヤ技術セミナー」を実施した。最新の開発技術の紹介や「100%石油外天然資源タイヤ」の量産体制が確立したことが発表されたほか、近い将来製品化が期待される「軽量化タイヤ」やラベリング制度「AAA-aタイヤ」などの試乗も行われた。同社の環境技術開発の一端をレポートする。  …

タグ: , ,
氷路を強力にグリップする住友ゴムのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」
レポート 220
220

氷路を強力にグリップする住友ゴムのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」

氷上制動性能を大幅に向上  住友ゴム工業は、ダンロップ・スタッドレスタイヤの新ブランドとして、「WINTER MAXX」を8月から順次発売した。新商品の発売を期して、同社は今年2月、新商品試走会を開催。”ダンロップ史上、氷上性能をマックスに極めた”とする「WINTER MAXX」の全容を公開した。  スタッドレスタイヤの新ブランド「WINTER MAXX」。その開発には、数…

タグ: , ,
住友ゴム 世界最大の自動車市場・中国でプレゼンス向上図る
レポート 328
328

住友ゴム 世界最大の自動車市場・中国でプレゼンス向上図る

市販用・新車用で2000万本を販売  急速なモータリゼーションの発展を背景に中国の乗用車用タイヤ市場は、昨年1億5000万本を突破。今後さらに成長を続け、2013年には2億本、2020年には3億本市場まで拡大する見込みだ。住友ゴム工業は、世界最大の自動車市場である中国で2つ目のタイヤ生産拠点が完成したのを機に、販売面でもさらなる攻勢を図る。  中国市場におけるダンロップタイヤのシェアは、数多くのロ…

タグ: , ,
住友ゴム 世界一の自動車市場で供給体制をさらに強化
レポート 572
572

住友ゴム 世界一の自動車市場で供給体制をさらに強化

世界一の自動車市場で供給体制強化  住友ゴム工業は7月16日、中国・湖南省長沙市に建設した乗用車用タイヤの新工場の開所式を行い、同日から本格稼働をスタートした。生産能力は、第2期拡張が完了する2015年末には日産3万本に達する予定。2004年に操業した常熟工場とともに、中国国内の需要増に対応し、さらなる事業拡大を図る。  7月16日午前9時30分過ぎから湖南工場の成形工程を会場に開所式が行われた。…

タグ: , , ,
住友ゴム 中国・湖南工場が開所式 年産1000万本体制へ
ニュース 157
157

住友ゴム 中国・湖南工場が開所式 年産1000万本体制へ

第2期増強を2年前倒しで実施 年産1000万本体制へ  住友ゴム工業は7月16日、中国のタイヤ新工場「住友ゴム(湖南)有限公司」の開所式を行った。湖南工場は同社にとって中国内で2カ所目のタイヤ生産拠点となる。経済成長に減速感が出始めている中国だが、内陸部を中心に依然として高い需要が見込めることから、当初計画より2年前倒しで拡張を進めることを決定。新工場の稼働開始により、世界最大の自動車市場でプレゼ…

タグ: , , ,
ドライビングを楽しむユーザーへ 住友ゴム工業「DIREZZA ZII」「LE MANS4」に試乗
レポート 402
402

ドライビングを楽しむユーザーへ 住友ゴム工業「DIREZZA ZII」「LE MANS4」に試乗

史上最速を目指しシリーズの良さ継承しさらに進化  ドライグリップ力を高め、スポーツ走行を楽しむユーザーをターゲットに置く「DIREZZA」シリーズ。サーキットでのラップタイムを短縮し、シリーズ史上最速のストリートラジアルを目指し開発されたのが新商品「DIREZZA ZII」だ。「DIREZZA Z1 STAR SPEC」の後継モデルとなる。  現行品に対しランド比を2.5%高めたパターンデザインを…

タグ: , ,
「AAA」をより多くのユーザーに 住友ゴムの「エナセーブPREMIUM」
レポート 459
459

「AAA」をより多くのユーザーに 住友ゴムの「エナセーブPREMIUM」

「AAA」をより多くのユーザーに  JATMAが策定した低燃費タイヤのラベリング制度。ダンロップの低燃費タイヤ新商品「エナセーブPREMIUM」は、そのラベリング制度で転がり抵抗性能等級「AAA」、ウェットグリップ性能等級「c」を達成(215/45R17と155/65R14の2サイズは転がり抵抗「AA」)。「エナセーブ」ブランドの中で、もっとも高い低燃費性能を誇る。  しかも、リム径14インチから…

タグ: , ,
震災から8カ月を振り返る 住友ゴム白河工場
3.11 361
361

震災から8カ月を振り返る 住友ゴム白河工場

 「本当に辛くて長い道のりだったが、それを支えてくれたのはステークホルダーに対する従業員の想いだったのでないか。東北復興のためという想いを分かち合えたこの8カ月だった」  住友ゴム工業白河工場(福島県)の藤本紀文工場長は東日本大震災から現在までの8カ月を振り返ってこう話す。  同工場は住友ゴムグループの主力工場で、新ゴム消費量は1万350トン/月と国内有数の生産能力を誇る。生産品目は乗用車用タイヤ…

タグ: , , ,
被災地支援で連携 ボランティア活動も
3.11 88
88

被災地支援で連携 ボランティア活動も

 現地で汗をかく従業員有志  東日本大震災の被災地では、復旧・復興の道が着々と築かれつつあるようだ。まだ緒に就いたばかりのところも多いかも知れない。しかし復興に向かう現地の底力は強く、またそれを支援・協力する連携が力を発揮しつつある。まだまだ試練の道が続くと思われるが、ゴム・タイヤ産業においても業種・業態を超えた復興支援の連携が繰り広げられ、また被災地支援のボランティア活動も様々な形で積極的に行わ…

タグ: , , , , ,