住友ゴム

住友ゴム「LE MANS V」高次元の静粛性と快適性
レポート 7,286
7,286

住友ゴム「LE MANS V」高次元の静粛性と快適性

細部まで快適性能と静粛性を追求  住友ゴム工業は3月24日に兵庫県淡路市で低燃費タイヤの新商品「LE MANS V」(ル・マン ファイブ)の試乗会を実施した。  「LE MANS V」の開発に際し、西実専務執行役員は「今までのダンロップとは異なる柔らかさを目指した。10m乗れば違いが分かる」と力強く語る。開発には1年半を要し、西専務自ら何度も試乗を繰り返し完成した。  その特徴が最も大きく表れてい…

タグ: , ,
4月8日「タイヤの日」に各地で啓発活動実施
ニュース 381
381

4月8日「タイヤの日」に各地で啓発活動実施

 セルフSSの増加などを背景に、一般ドライバーがタイヤを点検する機会が減少している。JAF(日本自動車連盟)の救援依頼に占めるパンクの割合が10年前と比較して1.5倍に拡大するなど問題は深刻さを増す中、日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、「4月8日タイヤの日」に合わせて全国7支部がそれぞれの地区でタイヤ点検や安全啓発活動を行い、ドライバーにタイヤの適正使用や点検の重要性を呼びかけた。 空気圧不足…

タグ: , , , ,
【住友ゴム】4月8日に全国でタイヤ安全点検活動実施
ニュース 191
191

【住友ゴム】4月8日に全国でタイヤ安全点検活動実施

 住友ゴム工業は「タイヤの日」である4月8日に、全国47都道府県の道の駅やショッピングセンターで「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を実施する。  この取り組みはタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの空気圧や残溝、表面の損傷などの点検を行うもの。会場ではタイヤの安全で正しい使用・管理方法について紹介する冊子を配布するなど、ドライバーに定期的なタイヤの点検、整備の必要性を訴求する。  また安全…

タグ: ,
【住友ゴム】6月から市販用タイヤの値上げを発表
ニュース 658
658

【住友ゴム】6月から市販用タイヤの値上げを発表

 住友ゴム工業は4月5日、国内市販用タイヤの出荷価格を6~10%値上げすると発表した。夏用タイヤは6月1日から、冬用タイヤは9月1日から実施する。  同社では「タイヤ原材料である天然ゴムや石油化学系原材料が高騰を続けており、生産性向上やコスト削減などの企業努力だけで吸収することは困難であることから今回の価格改定を決定した」としている。 価格改定率(平均)は下記の通り。 乗用車・バン用タイヤ(夏):…

タグ:
【住友ゴム】サイレントコア搭載商品1000万本を記念しキャンペーン
ニュース 441
441

【住友ゴム】サイレントコア搭載商品1000万本を記念しキャンペーン

 住友ゴム工業は、同社の独自技術「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」を搭載したタイヤの累計出荷本数が今年上半期に1000万本を超えることを記念し、「選ばれて1000万本 ダンロップ大感謝祭!」を4月1日から6月30日まで実施する。  このキャンペーンは、公式ウェブサイトでサイレントコアに関するクイズに答えた応募者の中から抽選で合計1000名に、「フランス『ルマン』の贅沢な旅」や「ダイソン空気清浄…

タグ: ,
「東京モーターサイクルショー」タイヤメーカーも多数出展
レポート 543
543

「東京モーターサイクルショー」タイヤメーカーも多数出展

 国内最大級の二輪車イベント「第44回東京モーターサイクルショー」が3月24日から26日までの3日間、東京ビッグサイトで開催され、国内外のタイヤメーカーも新製品などを積極的に展開した。  ブリヂストンはプレミアム商品ブランドである「BATTLAX」や新商品ブランド「BATTLECRUISE」を中心にブースをデザインした。ツーリングやアドベンチャー、サーキットなど多様化するライダーニーズに合わせた代…

タグ: , , , , ,
【住友ゴム】2017年のモータースポーツ活動を発表
ニュース 510
510

【住友ゴム】2017年のモータースポーツ活動を発表

 住友ゴム工業は3月14日、2017年度のダンロップモータースポーツ活動計画を発表した。2017年も国内外において幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、ブランド価値のさらなる向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献していく。  四輪モータースポーツ活動では、国内で最も人気の高いレースのひとつである「SUPER GT」を中心に活動し、「GT500」クラスの「NAKAJIMA RACING」を…

タグ: ,
【住友ゴム】「ニュル24時間」にファルケンの2台体制で挑戦
ニュース 247
247

【住友ゴム】「ニュル24時間」にファルケンの2台体制で挑戦

 住友ゴム工業は3月7日、2017年度のファルケンブランドのモータースポーツ活動計画を発表した。5月25日から28日までドイツで開催される「ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦する予定。  ファルケンは1999年以降、世界一過酷なレースとも言われる「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦を続け、2015年には総合3位入賞を果たした。今シーズンは「FALKEN Mot…

タグ: ,
【住友ゴム】大阪/東京のモーターサイクルショーに出展
ニュース 297
297

【住友ゴム】大阪/東京のモーターサイクルショーに出展

 住友ゴム工業は、3月18~20日にインテックス大阪で開催される「第33回 大阪モーターサイクルショー2017」と、3月24~26日に東京ビッグサイトで開催される「第44回 東京モーターサイクルショー2017」にダンロップブースを出展する。  ブースでは、“DUNLOP SPIRITS”(ダンロップ・スピリッツ)をコンセプトに、1月に発売したレースレプリカ・ラジアルタイヤ「SPORTMAX(スポー…

タグ: , ,
【住友ゴム】競技用タイヤ「DIREZZA 92R」に新スペック
ニュース 238
238

【住友ゴム】競技用タイヤ「DIREZZA 92R」に新スペック

 住友ゴム工業はダンロップブランドのラリー・ダートトライアル競技用タイヤ「DIREZZA 92R」(ディレッツァ・キューニーアール)に新スペック「SS2」を追加して3月から発売した。  発売サイズは185/60R15 84Qと205/65R15 94Qの2サイズで、価格はオープン。  「ディレッツァ92R」は、競技での上位入賞を目標に開発したハイグリップタイヤ。「SS2」には新しいコンパウンドを採…

タグ: , ,
【住友ゴム】ジュネーブショーでFALKENの新商品発表へ
ニュース 455
455

【住友ゴム】ジュネーブショーでFALKENの新商品発表へ

 住友ゴム工業はスイスで開催される「ジュネーブ国際モーターショー」にFALKEN(ファルケン)ブースを出展する。  今回のブースではファルケンブランドの最新ラインアップのほか、タイヤ製造技術における超高精度を追求した次世代新工法「NEO-T01」(ネオ・ティーゼロワン)や、空気充填が不要のためパンクが発生しないエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE」(ジャイロブレイド)、タイヤ内部の空洞共…

タグ: , ,
求める人材の確保へ 国内タイヤ4社の新卒採用状況
ニュース 1,547
1,547

求める人材の確保へ 国内タイヤ4社の新卒採用状況

 3月1日から2018年卒の大学生の就職活動が本格化する。企業はこの日から採用広報を解禁し、企業説明会やエントリーの受け付けをスタートする。学生側の売り手市場が続くと見られる中、自社が求める人材をいかに確保するか――。本紙が国内4社を対象に行ったアンケート調査では、2018年春の新卒採用予定人数は2017年春と同水準だが、前年を上回る企業説明会の開催やインターンシップの実施などを通じて人材確保を進…

タグ: , , ,
【住友ゴム】ラジオの交通安全キャンペーンに協賛
ニュース 158
158

【住友ゴム】ラジオの交通安全キャンペーンに協賛

 住友ゴム工業は、福岡・広島・香川県の各ラジオ局が主催する交通安全キャンペーンに協賛する。ラジオCMを通じて安全運転とタイヤの日常点検を幅広く呼び掛けていく。期間は3月1日から4月30日までの2カ月。  今回のキャンペーンは春のドライブ時期に合わせて行うもので、各局のアナウンサーが安全運転とタイヤの日常点検を通じて、ドライバーに交通安全を呼びかける。  同社が昨年10月に全国45会場で4159台の…

タグ: ,
【住友ゴム】池田社長「アジアで環境タイヤを拡大」
ニュース 567
567

【住友ゴム】池田社長「アジアで環境タイヤを拡大」

 住友ゴム工業の池田育嗣社長は2月14日の会見で中期経営計画の進捗状況に関して、「2016年は非常に大きな一歩を踏み出せた」と述べた。同社は昨年、日本集中体制から世界3極体制へ移行し、欧米での開発や販売体制の強化に着手。また海外のダンロップブランド事業や英タイヤ販売会社の買収と新たな施策を打ち出した。  海外のブランド事業買収について池田社長は、「タイヤ事業では欧米やインド、豪州を除いた地域で商標…

タグ: , , ,