ソリューションビジネス

【ブリヂストン】トラックタイヤのデジタルソリューション刷新し国内導入
ニュース 397
397

【ブリヂストン】トラックタイヤのデジタルソリューション刷新し国内導入

 ブリヂストンは11月28日、トラック・バス用タイヤのデジタルソリューションツール「Toolbox」(ツールボックス)を刷新し、12月から日本にも導入すると発表した。同社の直営店から順次運用を開始し、今後販売代理店への展開も予定している。  「ツールボックス」は、同社のスタッフが運送事業者を訪問した際に取得する装着タイヤの情報やタイヤ点検結果などを管理するもので、既にアジアや中近東・アフリカ、欧州…

タグ: , , ,
【コンチネンタル】将来に向け2つのタイヤ技術コンセプト発表
ニュース 827
827

【コンチネンタル】将来に向け2つのタイヤ技術コンセプト発表

 独コンチネンタルタイヤは、9月に開催したフランクフルトモーターショー(IAA)で、将来の安全性および快適性の向上に繋がる2つの新たなタイヤ技術コンセプト「ContiSense」(コンチセンス)と「ContiAdapt」(コンチアダプト)を発表した。  「ContiSense」は、タイヤに内蔵したセンサーから車内の受信機へ電気信号を送ることを可能にする「導電性ゴムコンパウンド」の開発に基づいている…

タグ: , ,
【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に
レポート 1,183
1,183

【ミシュラン】3Rを輸送業界の課題解決の切り札に

 日本ミシュランタイヤは7月28日、新潟県内でトラック・バス用タイヤの「3R」コンセプトに関するユーザー向けセミナーを実施した。3Rはミシュランが推奨するリグルーブやリトレッドを活用することにより、タイヤの経費を削減するとともに、廃棄物の削減や省資源化、CO2排出量の削減を図るもの。当日は北陸信越地区を中心とした運送会社やタイヤディーラーなど約60名の関係者が参加した。会場では同社の取り組み状況が…

タグ: , , , , ,
【ブリヂストン】リトレッドタイヤの管理ツールを刷新
ニュース 400
400

【ブリヂストン】リトレッドタイヤの管理ツールを刷新

 ブリヂストンは4月24日、トラック・バス用リトレッドタイヤに関するデジタルソリューションツール「BASys」(ベイシス)を刷新したと発表した。昨年から市場投入を始めた欧州に続き、今年4月には南米をはじめとしたグローバル展開を開始した。将来的には日本市場への導入も検討している。  「ベイシス」は、使用済タイヤを回収しリトレッド工場で検査、修理、加工を経て、ユーザーのもとへ戻すまで、各プロセスの情報…

タグ: , , ,
ブリヂストン、航空機用タイヤでソリューションビジネス強化
ニュース 1,652
1,652

ブリヂストン、航空機用タイヤでソリューションビジネス強化

 これまでバイアスタイヤが中心だった航空機用タイヤ市場でラジアル化が急速に進む中、業界でトップシェアのブリヂストンが事業強化を加速させている。将来的に需要増が見込まれるラジアルタイヤの生産量を拡大させるとともに、新品とリトレッドタイヤを組み合わせたソリューションビジネスを推進することで競争力を高める。  昨年12月に都内で開いた会見でブリヂストンの石橋秀一副社長は、タイに新工場を建設すると発表し、…

タグ: , ,
【ブリヂストン】航空機用タイヤのソリューションビジネス拡大
ニュース 1,224
1,224

【ブリヂストン】航空機用タイヤのソリューションビジネス拡大

 ブリヂストンは12月22日に都内で会見を開き、タイに航空機用タイヤとリトレッドタイヤの新工場を建設すると発表した。投資額は総額約150億円で、既存工場の敷地内に新たに建設する。両工場とも2019年12月に生産を開始する予定。同社グループが航空機用の新品タイヤを海外で生産するのは初めてとなる。  新工場では中長期に需要の拡大が見込まれるラジアルタイヤを生産する。同社では航空機用タイヤ事業で新品タイ…

タグ: , , , , ,
ミシュラン 日本初のWEB管理システム「e-Retread」稼働から1年
レポート 2,692
2,692

ミシュラン 日本初のWEB管理システム「e-Retread」稼働から1年

台タイヤの情報を“可視化”する  デジタルソリューションを急速に加速させている日本ミシュランタイヤ。市販用タイヤでインターネットによる受発注システムやメーカーが直接行う通販サイトの運営、販売店向けのタブレット端末の活用促進など他社に先駆けた取り組みを通じて、業務の効率化や新たなビジネスモデルの構築を進めている。さらにトラック・バス用タイヤ事業においては2014年にリトレッドタイヤビジネスにデジタル…

タグ: , , , ,
ブリヂストン「タイヤ管理の“仕組み”を売る」
タイヤ事業戦略 7,810
7,810

ブリヂストン「タイヤ管理の“仕組み”を売る」

 2つのプランで展開するブリヂストンのエコバリューパック。生産財ユーザーの経営課題解決の一助として提案するタイヤソリューションの柱だ。変化するユーザーニーズに適切に対応するために、自らも改革に力を入れ取り組むと、ブリヂストンタイヤジャパンの中道護専務執行役員は語っている。 タイヤ管理の“仕組み”を売る  ――トラック・バス用タイヤをご使用しているお客様が抱える課題に対し、タイヤを供給する側からどの…

タグ: , , ,
日本ミシュランタイヤ「国内にもイノベーションを」
タイヤ事業戦略 1,321
1,321

日本ミシュランタイヤ「国内にもイノベーションを」

 日本ミシュランタイヤはトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」を戦略商品と位置づけ運送会社やトラックメーカーへのアプローチを強めているさなか。その狙いはどこにあり、さらに今後、「X One」をどう展開していくのか。トラック・バスタイヤ事業部の高橋敬明執行役員に話を聞いた。  ――近年輸送事業者が抱えている課題に対し、どのような商品やサービスを提案していますか。  高橋…

タグ: , , ,
横浜ゴム「タイヤサービスのICT化へ」
タイヤ事業戦略 1,709
1,709

横浜ゴム「タイヤサービスのICT化へ」

 輸送業界は需要の伸び悩みにある中、燃料価格の高騰等によるコスト高をはじめ、ドライバー不足など、さまざまな経営課題を抱えている。このような状況下で「安全で安心な輸送」を、TBタイヤを供給する側からいかにサポートし実現に導くか。タイヤ業界にとって大きなテーマとなる。横浜ゴム生産財製品企画部の湯本光行部長に話を聞いた。 タイヤサービスの「ICT化」を目指す  ――トラック・バス用タイヤの主な需要業界で…

タグ: , , ,
リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く
レポート 5,653
5,653

リトレッドソリューションの展望 “最後の市場”を勝ち抜く

 更生タイヤ(リトレッドタイヤ)を軸としたビジネスが活発化している。リトレッドは経費削減や環境意識の高まりから徐々にユーザーへ浸透してきたものの、普及率が5割を超えるとされる欧米と比べると、国内では2割と低い水準に留まる。だが、それは新たな需要を掘り起こし、ビジネス拡大に繋がっていくチャンスがまだ残されているとも言える。こうした環境下において、ブリヂストンはタイヤとメンテナンスをパッケージにしたビ…

タグ: , , , , , , ,
新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション
レポート 2,660
2,660

新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション

西日本最大のバンダグ・リトレッドファクトリー  ブリヂストンタイヤジャパン(株)がリトレッド工場と廃タイヤ中間処理工場の一括拠点として昨年7月に発足した「ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪」(大阪市住之江区)を訪ねた。ここは世界でも例がない、タイヤソリューションの新たなチャレンジの現場でもある。発足から約1年半、その現況をリポートする。  ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪(武市誠也セ…

タグ: , , , , ,
日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブソリューション」
レポート 4,557
4,557

日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブソリューション」

認知度が着実に向上  昨今の原油価格の高騰やタイヤ価格の値上げを背景に、日本ミシュランタイヤが推奨する「リグルーブ」への関心が高まっている。今回、その作業を担うタイヤディーラーを訪れ、「リグルーブ」のメリットや今後の展望を聞いた。  「リグルーブ」とは、摩耗が進んだトラック・バス用タイヤに再び溝を刻むこと。この作業を施すことで、タイヤの走行寿命を延ばすことが可能になる。さらに安全性の向上や省燃費に…

タグ: , ,
首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所
ニュース 2,563
2,563

首都圏初のバンダグ生産拠点 ブリヂストン・バンダグ千葉ファクトリーが開所

首都圏初のバンダグ生産拠点  ブリヂストンは7月9日、トラック・バス用リトレッドタイヤの製造拠点「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」(千葉県市原市)の開所式を行い運営を開始した。同工場は、バンダグ・リトレッド方式を導入した首都圏初の拠点で、敷地面積・生産能力ともに最大規模となっている。また環境負荷低減を考慮した設備を多数導入した。  開所式には西海和久ブリヂストン代表取締役専務執行役員、同社執…

タグ: , , , ,