研究開発拠点

【ミシュラン】日本の開発拠点「太田サイト」が担う役割の大きさ
レポート 4,300
4,300

【ミシュラン】日本の開発拠点「太田サイト」が担う役割の大きさ

 日本ミシュランタイヤはこのほど群馬県太田市にあるタイヤ研究開発拠点「太田サイト」を報道陣に公開した。同施設はミシュラングループの中で、フランス、北米と並ぶ3大拠点の一つ。主に消費財タイヤの静粛性能とウィンター性能の研究開発を行っており、ここで生み出した技術を世界に発信する重要な役割を担う。世界のメジャーブランドとの競争が厳しさを増し、また新興企業が急速に技術力を高めつつある中、一層の性能向上に繋…

タグ: , , ,
【ミシュラン】R&D拠点 太田サイト 将来の拡充も視野に
ニュース 753
753

【ミシュラン】R&D拠点 太田サイト 将来の拡充も視野に

 日本ミシュランタイヤは8月24日、群馬県にある「太田サイト」を報道陣に公開した。同施設は主に消費財タイヤの静粛性能とウィンター性能の開発を行っており、ミシュラングループの中で、フランス、北米に次ぐ大規模な研究開発拠点となる。  太田サイトは1980年代に設立した。その後、90年代にはタイヤの材料など研究開発をスタートさせ、2000年以降は本格的な設備投資を進めてきた。現在は国内で開催されるモータ…

タグ: ,
マザー拠点として重要性増す 東洋ゴム タイヤ技術センター
レポート 1,642
1,642

マザー拠点として重要性増す 東洋ゴム タイヤ技術センター

 東洋ゴム工業は7月中旬、兵庫県伊丹市にあるタイヤ技術センターの一部を報道陣に公開した。タイヤ技術センターは1966年に、それまで他工場に分散していた開発機能を統合して開設した。それ以来、同社のタイヤの技術力向上のベースとしての役割を担っている。  今回は代表的な試験設備として、氷盤試験機やタイヤ騒音試験機による性能評価の様子を公開した。スタッドレスタイヤのアイス性能を確認するための氷盤試験機は、…

タグ: , ,
【住友ゴム】タイヤテクニカルセンターを公開
レポート 2,310
2,310

【住友ゴム】タイヤテクニカルセンターを公開

目指すべき性能を実現するために  住友ゴム工業は3月23日、同社が3月に発売した「LE MANS V」(ル・マン ファイブ)の試走会に併せ、兵庫県神戸市の本社に併設するタイヤテクニカルセンターの一部を報道陣に公開した。  同社は今年1月に北米ニューヨーク州で北米テクニカルセンターを本格稼働させ、8月には同社にとって欧州初の開発拠点となるテクニカルセンターを独ハナウ市に開設する予定。開発体制のグロー…

タグ: , , ,
【横浜ゴム】北海道テストコースで夏タイヤの評価に着手
ニュース 1,266
1,266

【横浜ゴム】北海道テストコースで夏タイヤの評価に着手

 横浜ゴムは2017年から北海道旭川市にあるテストコース「北海道タイヤテストセンター」(Tire Test Center of Hokkaido=TTCH)で、夏用タイヤの実車試験をスタートさせる。冬季以外の期間に新車用タイヤや海外向けのオールシーズンタイヤの開発に活用することで商品開発の強化に繋げる。  同社の夏用タイヤのテストは、国内では茨城県にある「D-PARC」(ディー・パーク)で行ってき…

タグ: ,
【住友ゴム】北米の開発拠点 1月に本格稼働
ニュース 469
469

【住友ゴム】北米の開発拠点 1月に本格稼働

 住友ゴム工業は15日、ニューヨーク州にある米国工場内に開設した「米国テクニカルセンター」を2017年1月に本格稼働すると発表した。同センターの従業員は約50名。現地でニーズが高いSUVタイヤやオールシーズンタイヤのパターンデザインを行うほか、南米向けの高性能タイヤの開発も進める。  また、アラバマ州の「米国タイヤテストコース」では、従来から行っていた二輪車用タイヤの評価に加え、3月より四輪車用タ…

タグ: , ,
【住友ゴム】岡山テストコースが30周年祝う
ニュース 2,658
2,658

【住友ゴム】岡山テストコースが30周年祝う

 住友ゴム工業は10月29日、岡山県美作市にあるタイヤテストコースの竣工30周年を記念して現地で式典を開催した。式典には同社から池田育嗣社長をはじめ、自治体の関係者ら約300名が出席した。  式典で池田社長は、「このテストコースを有効活用し、もっとお客さまに感動して頂けるようなタイヤを開発していきたい」と挨拶し、記念植樹を行った。  同施設は1986年5月に開設した。敷地面積は100万平方メートル…

タグ: ,
住友ゴム 欧米事業の体制強化 来年1月から本格始動
ニュース 780
780

住友ゴム 欧米事業の体制強化 来年1月から本格始動

 住友ゴム工業は8月8日に開いた決算会見の中で、米国工場(ニューヨーク州)の敷地内に新設予定のテクニカルセンターを来年1月に本格稼働するとともに四輪車用タイヤの現地評価を開始すると発表した。  また欧州では独・ハナウ市に新たに土地を取得し、来年8月からテクニカルセンターを稼働させる。さらに2018年1月にはドイツ国内に分散していた販売会社や技術サービス会社などグループ会社3社を1カ所に集約し、業務…

タグ: , , ,
横浜ゴム リニューアルした「北海道タイヤテストセンター」を公開
レポート 2,680
2,680

横浜ゴム リニューアルした「北海道タイヤテストセンター」を公開

 横浜ゴムはこのほどスタッドレスタイヤを中心に実車試験を行うテストコース「北海道タイヤテストセンター」(旭川市神居町上雨紛)を報道陣に公開した。同社は昨年まで国内における冬用タイヤの試験は、「T*MARY」(北海道上川郡)で実施してきたが、全面移転した新たなテストコースは従来の4倍の面積があり、効率的なタイヤ開発が可能となる。各社がより性能を高めた商品開発にしのぎを削る中、さらなるタイヤ性能の向上…

タグ: , ,
横浜ゴム 冬用タイヤの新テストコース完成
ニュース 139
139

横浜ゴム 冬用タイヤの新テストコース完成

 横浜ゴムは1月20日、北海道旭川市に完成した冬用タイヤのテストコースで開所式を行った。同社から野地彦旬社長が参加したほか、旭川市の西川将人市長などが出席した。  新テストコースは昨年3月に上川生産農業協同組合連合会から取得した旭川競馬場跡地に建設した。旭川空港や市内からのアクセスにも優れている。  敷地面積は東京ドームの約19倍となる約90万平方メートルと広大で、直線が約1kmにおよぶ圧雪路のほ…

タグ: ,
ミシュラン太田サイトの閉鎖と存続
コラム 3,520
3,520

ミシュラン太田サイトの閉鎖と存続

 日本ミシュランタイヤの会長に就任したベルナール・デルマス氏。日本での在任期間は今年で延べ24年を数えるという。  「日本は独特な市場。ここで成功できれば、世界でも成功できる」と、複数のタイヤメーカー、新車メーカーが本拠地を構える日本市場の重要性あるいは特殊性をフランス本社に訴え続けてきた。  社長職を務めた2007年からの8年間で、もっとも辛かったのは2010年の太田工場の閉鎖だと振り返る。――…

タグ: ,
横浜ゴムのタイヤ研究開発の中枢拠点「RADIC」
レポート 1,033
1,033

横浜ゴムのタイヤ研究開発の中枢拠点「RADIC」

 横浜ゴムは9月24日、神奈川県の平塚製造所内にある研究開発施設「RADIC」(ラディック)を報道陣に公開し、同社のタイヤ開発の一端を紹介した。  1991年に開所した「RADIC」は、同社の研究開発の中枢。スーパーコンピューターや電子顕微鏡、核磁気共鳴分析装置といった各種機器を駆使して、材料開発やシミュレーションが行われているが、そこには新興メーカーには追随できない高レベルの開発力が集結している…

タグ: ,
ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」
レポート 945
945

ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」

 ブリヂストンは5月8日、小平市の技術センターでタイヤ技術「ologic」(オロジック)の技術説明会を開催し、併せてタイヤ踏面の挙動を可視化する「ULTIMAT EYE」(アルティメット アイ)の試験施設を公開した。  「ologic」はタイヤサイズを狭幅・大径化、高内圧化することにより、転がり抵抗と走行時の車両の空気抵抗を従来のタイヤと比較して大幅に低減しつつ、ウェットグリップ性能を高めているの…

タグ: , , ,
東洋ゴムの新研究開発拠点が完成 基礎研究と生産技術開発を集結
ニュース 1,952
1,952

東洋ゴムの新研究開発拠点が完成 基礎研究と生産技術開発を集結

最先端の基礎研究と生産技術開発を集結  東洋ゴム工業は3月10日、兵庫県川西市に新たに開設した「基盤技術センター」の竣工内覧会を開催した。大阪府茨木市にあった研究開発センターを新拠点に移管し、また兵庫県伊丹市にあるタイヤ技術センターのタイヤ生産技術部門の一部も新拠点に移転した。基礎研究と生産技術を一カ所に集結することで基盤技術の強化を図るとともに、将来を見据えた新規事業・技術の創出を目指していく。…

タグ: , , ,
ブリヂストン 冬タイヤ開発の中心地「北海道プルービンググラウンド」
レポート 3,046
3,046

ブリヂストン 冬タイヤ開発の中心地「北海道プルービンググラウンド」

冬タイヤ開発の中心地  ブリヂストンは日本、欧州、北米、中南米、アジアと世界8カ国に合計10カ所のテストコースを有しており、各市場のニーズに合った試験を行っている。その中でスタッドレスタイヤに関しては北海道士別市にある冬用タイヤ専用のテストコース「北海道プルービンググラウンド」が中心的な役割を担う。同社は1月31日、現地にメディアを招いて同施設の見学会を実施した。  「北海道プルービンググラウンド…

タグ: , ,