工場

新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション
レポート 2,072
2,072

新たな挑戦 ブリヂストンタイヤジャパンの生産財タイヤソリューション

西日本最大のバンダグ・リトレッドファクトリー  ブリヂストンタイヤジャパン(株)がリトレッド工場と廃タイヤ中間処理工場の一括拠点として昨年7月に発足した「ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪」(大阪市住之江区)を訪ねた。ここは世界でも例がない、タイヤソリューションの新たなチャレンジの現場でもある。発足から約1年半、その現況をリポートする。  ブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪(武市誠也セ…

タグ: , , , ,
横浜ゴム尾道工場 グループ唯一のOR専門工場
レポート 1,881
1,881

横浜ゴム尾道工場 グループ唯一のOR専門工場

昨年から超大型ラジアルを生産  古くから観光地として有名な尾道。市中心部からしまなみ海道(西瀬戸自動車道)を越え、車で10分ほど走ると工場が立ち並ぶ地域が現れてくる。その中で入り口にひときわ目立つ巨大なOR(鉱山用・建設用)タイヤが展示されているのが横浜ゴムの尾道工場だ。  同工場は1974年の操業開始以来、2011年までに3期の工場拡張を行っており、2011年の月産生産能力は2006年と比較して…

タグ: , ,
ヨコハマタイヤリトレッド 生産量拡大し、シェア倍増目指す
レポート 1,940
1,940

ヨコハマタイヤリトレッド 生産量拡大し、シェア倍増目指す

生産量を倍増し、シェア拡大図る  横浜ゴムはリトレッドタイヤ事業の強化に乗り出す。これまで他社と比べて取り組みが遅れていたが、子会社のヨコハマタイヤリトレッド(株)では課題だった台タイヤの回収率を高め、生産量を倍増させる方針を打ち出した。引き続き堅調な需要が見込まれるリトレッド市場で巻き返しを図る。  近年、ユーザーの環境意識やコスト削減志向が以前にも増して高まっていることを背景に、リトレッドタイ…

タグ: , , ,
住友ゴム、ASEANへ向け供給拡大図る タイ第3工場が本格稼働
レポート 2,994
2,994

住友ゴム、ASEANへ向け供給拡大図る タイ第3工場が本格稼働

住友ゴム ASEANへ向け供給拡大図る  住友ゴム工業はタイ工場からASEAN(東南アジア諸国連合)各国へ向けた供給体制を強化する。5月に本格稼働を始めたタイで3カ所目となる新工場からは農業機械用タイヤなど産業用タイヤを供給し、コメの輸出大国である現地需要を取り込む。さらに世界最大級の生産規模を誇る乗用車用タイヤ工場では、早期に生産能力を日産10万本レベルまで引き上げ、これまでの欧米向け輸出から、…

タグ: , , , , ,
横浜ゴム三島工場 ハイパフォーマンスタイヤ、発祥の地
レポート 911
911

横浜ゴム三島工場 ハイパフォーマンスタイヤ、発祥の地

 横浜ゴムの国内に5カ所あるタイヤ生産拠点のひとつ、静岡県三島市にある三島工場。同工場が果たす役割や、環境へ配慮した工場づくり、生産性向上への取り組みについて現地取材した。  三島工場の操業開始は1946年。敷地面積は11万2000平方メートルで従業員数は917名。現在の生産品目は乗用車用、レーシング用、ライトトラック用タイヤだが、実は同社のハイパフォーマンスタイヤ発祥の地でもあり、「ADVAN」…

タグ: , ,
住友ゴム「ブラジル工場」中南米市場攻略の〝要〟
レポート 777
777

住友ゴム「ブラジル工場」中南米市場攻略の〝要〟

住友ゴム中南米市場攻略の〝要〟  2014年にサッカーのワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催されることで、注目度が非常に高いブラジル。この2つの世界的イベントの開催が起爆剤となって、今後の同国経済は持続的な発展が期待される。また、自動車販売台数も今やドイツを抜き、世界第4位に浮上。近い将来、日本と立場が逆転するともみられ、成長ぶりは著しい。そのブラジル国内に、住友ゴム全額出資の子会社、…

タグ: , , ,
住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工
ニュース 157
157

住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工

「太陽」を導入、2015年末に日産1万5000本へ  住友ゴム工業(池田育嗣社長)は、ブラジル・パラナ州クリチバに新タイヤ工場がこのほど竣工し、現地時間の10月3日、現地子会社スミトモ・ラバー・ド・ブラジル社(パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市、小田一平社長)主催による工場開所式を行った。開所式にはパラナ州知事をはじめとする現地州・市関係者、在クリチバ日本国総領事、池田社長、現地法人の小田社長な…

タグ: , , ,
横浜ゴム 新城工場 海外のモデルとなるマザー工場
レポート 1,694
1,694

横浜ゴム 新城工場 海外のモデルとなるマザー工場

来年、操業開始から50周年  横浜ゴムは6月28日、愛知県・新城工場の見学会を行った。来年、操業開始から50周年を迎える同工場は、隣接する新城南工場と合わせ、現時点で同社最大の生産能力を誇る乗用車用タイヤの主力工場。事業のグローバル化が進む中でマザー工場として同工場が果たす役割、また以前から取り組んでいる各種CSR活動について紹介する。  新城市は、愛知県の東部・東三河の中央に位置する。2005年…

タグ: , ,
東洋ゴム マレーシアの2工場を軸にアジアで攻勢図る
レポート 1,401
1,401

東洋ゴム マレーシアの2工場を軸にアジアで攻勢図る

東洋ゴム マレーシアの2工場を軸にアジアで攻勢図る  東洋ゴム工業は5月8日、マレーシア新工場の開所式を行い、同日から本格稼働をスタートした。生産能力は、第1期建設が完了する2015年には年産500万本に達する予定。自前工場での東南アジア進出は、メジャーメーカーの中では最後発となるが、最新工法で製造する高機能・高性能タイヤを武器にグローバル市場へ供給体制を強化する。さらに2010年に買収したシルバ…

タグ: , , ,
東洋ゴム工業 マレーシア新工場竣工 グローバル輸出拠点として活用
ニュース 119
119

東洋ゴム工業 マレーシア新工場竣工 グローバル輸出拠点として活用

「他社にはない付加価値の高いモノづくりを」  東洋ゴム工業は5月8日、マレーシア北部のペラ州に約200億円を投じて建設した新工場の竣工式を開催した。日系タイヤメーカーがマレーシアに新工場を構えたのは同社が初。生産能力は、2015年までに年間500万本を予定している。将来的には年産1000万本規模へ能力増強を視野に入れており、すでに同国へ進出している欧米メーカーの生産拠点を抜き、マレーシア最大の生産…

タグ: , ,
住友ゴム工業 白河工場「労働災害ゼロ」を目指す
レポート 935
935

住友ゴム工業 白河工場「労働災害ゼロ」を目指す

 住友ゴム工業は3月7日、福島県の白河工場内に併設している「安全体感・環境道場」を報道陣に公開し、同工場が取り組んでいるCSR活動を紹介した。作業の現場で起こりうる危険を疑似体験することで、従業員の危険感受性をいかに引き上げ、危険予知能力を高めていくか――「労働災害ゼロ」を目指した取り組みの一端を紹介する。 “恐怖感”を経験  白河工場は、国内タイヤ工場で最大級の生産規模を誇る。敷地面積は60万7…

タグ: , ,
住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成
ニュース 418
418

住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成

 住友ゴム工業は10月5日、超高精度を追求した次世代タイヤ新工法「NEO-T01」が完成したと発表した。実際の仕上がりサイズで作られているタイヤ内側の形状をした金属製成形フォーマーに、自動で各種部材を貼り付けていく手法で、走行時の均一性を大幅に向上させた。同社ではこの新工法で製造する第一弾商品として、2014年に次世代ランフラットタイヤを発売する計画だ。 新型ランフラットタイヤ 2014年に発売 …

タグ: , , ,
コンチネンタル浜北工場 電子ブレーキを国内外へ供給
レポート 5,355
5,355

コンチネンタル浜北工場 電子ブレーキを国内外へ供給

 コンチネンタル・オートモーティブは8月31日、浜北工場(静岡県浜松市)でプレス向け見学会を実施した。  同工場は、1987年に日清紡・浜北精機工場(現・日清紡メカトロニクス浜北精機事業所)として操業を開始。その後、2000年に日清紡とコンチネンタル社との間で合弁契約が締結されたのに伴い、2002年から浜北工場としてコンチネンタル製品の生産を始めた。現在の従業員数は約200名で、工場の敷地面積は1…

タグ: , ,
住友ゴム 世界一の自動車市場で供給体制をさらに強化
レポート 562
562

住友ゴム 世界一の自動車市場で供給体制をさらに強化

世界一の自動車市場で供給体制強化  住友ゴム工業は7月16日、中国・湖南省長沙市に建設した乗用車用タイヤの新工場の開所式を行い、同日から本格稼働をスタートした。生産能力は、第2期拡張が完了する2015年末には日産3万本に達する予定。2004年に操業した常熟工場とともに、中国国内の需要増に対応し、さらなる事業拡大を図る。  7月16日午前9時30分過ぎから湖南工場の成形工程を会場に開所式が行われた。…

タグ: , , ,
住友ゴム 中国・湖南工場が開所式 年産1000万本体制へ
ニュース 152
152

住友ゴム 中国・湖南工場が開所式 年産1000万本体制へ

第2期増強を2年前倒しで実施 年産1000万本体制へ  住友ゴム工業は7月16日、中国のタイヤ新工場「住友ゴム(湖南)有限公司」の開所式を行った。湖南工場は同社にとって中国内で2カ所目のタイヤ生産拠点となる。経済成長に減速感が出始めている中国だが、内陸部を中心に依然として高い需要が見込めることから、当初計画より2年前倒しで拡張を進めることを決定。新工場の稼働開始により、世界最大の自動車市場でプレゼ…

タグ: , , ,