中南米市場

ピレリ、メキシコ工場で高性能タイヤを増産
ニュース 27
27

ピレリ、メキシコ工場で高性能タイヤを増産

 伊ピレリは9月1日、メキシコ工場を増強すると発表した。3600万ドル(約40億円)を投資し、年間生産量は現在の660万本から720万本となる見込み。同社はメキシコを米州の戦略的地域と位置付けている。  同工場は2012年にメキシコのグアナファト州シラオ市に開設した。プレミアムカー用やプレステージカー用、EV(電気自動車)用の高性能および超高性能(UHP)タイヤをメキシコ国内や北米向けに生産してい…

タグ: , ,
住友ゴム、ブラジル工場を増強 現地の需要増に対応
ニュース 303
303

住友ゴム、ブラジル工場を増強 現地の需要増に対応

 住友ゴム工業は7月26日、10億6400万レアル(約235億円)を投じてブラジル工場の生産能力を増強すると発表した。ブラジル市場におけるタイヤ販売事業を強化しつつ、同社のグローバル展開をさらに進める。  同工場は2013年10月に乗用車・ライトトラック用タイヤの生産を開始。2019年3月からトラック・バス用タイヤの生産も行っている。  今回の増強により、乗用車・ライトトラック用タイヤの生産能力は…

タグ: , ,
ブリヂストン ブラジル工場を増強 プレミアム戦略を強化
ニュース 440
440

ブリヂストン ブラジル工場を増強 プレミアム戦略を強化

 ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストン・ド・ブラジル・インドゥストリア・イ・コメルシオ・リミターダ(BSBR)は7月1日、ブラジル・バイーア州の乗用車用及び小型トラック用タイヤ工場の生産能力を増強すると発表した。これにより、米州におけるEV(電気自動車)やハイブリッド車向けの乗用車用高インチタイヤなどの需要拡大に対応する。  今回の総投資額は約7億ブラジルレアル(約154億円)で、2021…

タグ: , ,
ブリヂストン 5月末までに米州の全タイヤ工場を再開へ
ニュース 650
650

ブリヂストン 5月末までに米州の全タイヤ工場を再開へ

 ブリヂストンの米国子会社、Bridgestone Americas(ブリヂストン・アメリカス)は12日、5月末までに米州の全てのタイヤ工場で稼働を再開する目標を明らかにした。  同社は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け絵3月下旬から米州の全ての工場で生産を段階的に停止したが、4月13日から一部で稼働を再開している。さらに、今回「5月11日から北米およびラテンアメリカの工場を再開する計画の最…

タグ: , , , ,
クーパータイヤのメキシコ工場が再び停止 政府「必要不可欠ではない」と要請
ニュース 408
408

クーパータイヤのメキシコ工場が再び停止 政府「必要不可欠ではない」と要請

 米クーパータイヤは4月23日に米国にあるタイヤ工場とセルビア工場で生産を再開すると発表した。各拠点は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて約5週間、稼働を停止していた。  米国はオハイオ州のフィンドレー工場、ミシシッピ州のクラークスデール工場とテュペロ工場、アーカンソー州のテクサーカナ工場の4拠点で生産を再開する。同社では「従業員の健康と安全を守るため、作業再開への幅広い手順を導入した」としている…

タグ: , , , , , ,
住友ゴム、海外のタイヤ工場で順次生産再開へ
ニュース 977
977

住友ゴム、海外のタイヤ工場で順次生産再開へ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生産を停止していた海外のタイヤ工場が順次再稼働を始めている。住友ゴム工業はブラジル工場で15日に生産を再開したのに続き、トルコ工場でも20日に稼働を始めた。外出禁止が続く南アフリカの工場では4月末まで生産停止を継続する。  TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は米ジョージア州のタイヤ工場で行っている生産調整を4月25日までとすることを決めた。同工場は4月1日か…

タグ: , , , , , , ,
住友ゴム トルコ、ブラジル工場も一時停止 新型コロナで生産調整拡大
ニュース 1,933
1,933

住友ゴム トルコ、ブラジル工場も一時停止 新型コロナで生産調整拡大

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、住友ゴム工業はトルコとブラジルのタイヤ工場でも生産調整を始めた。工場の再開時期は現段階では未定。同社は既に3月下旬から南アフリカ工場でも生産を一時停止している。  また、国内のタイヤ工場で5月6日、7日の2日間に一時生産を停止する。既に4月10~12日の3日間、生産調整を行うことを決めていたが休業日を増やす。操業を一時停止するのは4月、5月ともに福島…

タグ: , , , ,
2019年業績 ミシュランは増収増益、グッドイヤーは苦戦も
ニュース 1,296
1,296

2019年業績 ミシュランは増収増益、グッドイヤーは苦戦も

 仏ミシュランの2019年通期業績は、売上高が前年比9.6%増の241億3500万ユーロ(約2兆9445億円)、営業利益は8.4%増の30億900万ユーロだった。数量減や原材料価格が減益要因となったものの、フェナーやカムソなどの買収に伴う連結範囲の変更や価格ミックスの良化が増益に寄与した。純利益は4.2%増の17億3000万ユーロ。  自動車及び関連販売事業の売上高は4.6%増の118億5100万…

タグ: , , ,
ピレリ ブラジルの2工場を増強 高付加価値タイヤにシフト
ニュース 637
637

ピレリ ブラジルの2工場を増強 高付加価値タイヤにシフト

 伊ピレリは5月13日、ブラジルの2つの工場の増強計画を発表した。これにより、スタンダードタイヤから高付加価値商品に生産構造を転換して競争力の確保を図る。  同社は2013年から2018年にわたって、カンピーナス工場とフェイラ・デ・サンタナ工場に3億2000万ユーロを投資しており、今回はそれに追加する形で1億2000万ユーロ(約148億円)を投資する。増強は2021年までに完了する見込み。  また…

タグ: , ,
住友ゴム、ブラジル工場でトラック用タイヤの生産開始
ニュース 245
245

住友ゴム、ブラジル工場でトラック用タイヤの生産開始

 住友ゴム工業はブラジル工場にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、3月から生産を開始した。生産能力は2020年末に日産1000本とする計画で、総投資額は4億6500万レアル(約135億円)。これにより、ブラジル市場でのトラック・バス用タイヤの安定供給や為替変動リスクの回避を図る。  同社では、「ブラジルのトラック・バス用タイヤ市場は今後年2~3%程度の成長が見込まれている。現地生産により、ブ…

タグ: , , ,
TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を
タイヤ事業戦略 1,825
1,825

TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」鍛え上げた本物の性能を

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がピックアップトラック/SUV用タイヤのブランドとしてグローバル展開する「OPEN COUNTRY」(オープンカントリー)シリーズ。都市型から本格的なオフロードユースまで多様化が進むSUVユーザーのニーズに応えている。特に大型SUV車両が普及している米国で高く支持され、数年前から本格展開をスタートした国内市場でも今後の需要拡大に注目が集まっている。世界有数の過…

タグ: , , , , , ,
住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産増強
ニュース 230
230

住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産増強

 住友ゴム工業は9月20日、1億5300万レアル(約41億円)を投じてブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産能力を増強すると発表した。  同社は2016年7月に3億1200万レアルを投資してトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、2019年3月から日産500本体制で稼働を始めると発表していた。今回の追加投資により、同年10月に生産能力を日産1000本に倍増させる。新たに約240名を雇用する計…

タグ: , ,
住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤ生産へ
ニュース 428
428

住友ゴム ブラジル工場でトラック・バス用タイヤ生産へ

 住友ゴム工業は7月20日、ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産を開始すると発表した。2019年3月からの生産開始を目指し、新たな生産設備を導入する。総投資額は4年間で3億1200万レアル(約100億円)を計画しており、生産能力は日産500本からスタートする。  ブラジルのトラック・バス用タイヤ市場は今後年2%程度の成長が見込まれている.同社は現在、日本の白河工場と宮崎工場から輸入しているが…

タグ: ,
住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工
ニュース 268
268

住友ゴム 中南米初の生産拠点、ブラジル新工場が竣工

「太陽」を導入、2015年末に日産1万5000本へ  住友ゴム工業(池田育嗣社長)は、ブラジル・パラナ州クリチバに新タイヤ工場がこのほど竣工し、現地時間の10月3日、現地子会社スミトモ・ラバー・ド・ブラジル社(パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市、小田一平社長)主催による工場開所式を行った。開所式にはパラナ州知事をはじめとする現地州・市関係者、在クリチバ日本国総領事、池田社長、現地法人の小田社長な…

タグ: , , ,