欧州市場

グッドイヤー、スロベニアのクラーニ工場を増強
ニュース 60
60

グッドイヤー、スロベニアのクラーニ工場を増強

 米グッドイヤーは12月18日、スロベニアのクラーニ工場を増強すると発表した。投資額は9400万ユーロ(約120億1074万円)で、生産能力を約25%高める。  クラーニ工場は乗用車用およびライトトラック用、トラック・バス用タイヤを生産している。今回、17~19インチの市販用タイヤで年産180万本を拡張し、EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域で旺盛なプレミアムタイヤの需要へ対応する。1月に着工し、…

タグ: , ,
ノキアン、R&Dセンターを新たに設立 大型タイヤの需要に対応
ニュース 109
109

ノキアン、R&Dセンターを新たに設立 大型タイヤの需要に対応

 フィンランドのノキアンタイヤは、2019年にノキアで新たな研究開発センターを設立すると11月20日に発表した。農機用や鉱山用など、大型タイヤの需要増に対応する。  新施設の面積は約3500平方メートルとなる予定。同社グループのノキアン・ヘビー・タイヤは2017年に7000万ユーロ(約89億7220万円)を投じて生産能力を50%拡大する計画を発表しており、今回の新施設の設立はその取り組みの一環とし…

タグ: , ,
東洋ゴム「エッセンモーターショー」で欧州向け「PROXES」の新商品を公開
ニュース 114
114

東洋ゴム「エッセンモーターショー」で欧州向け「PROXES」の新商品を公開

 東洋ゴム工業は11月30日から12月9日まで独エッセン市で開催される「エッセンモーターショー」にTOYO TIRESブースを出展する。今回は昨年の出展時より展示スペースを拡大し、ブランドの世界観を来場者へより強く訴求する。  タイヤ展示エリアでは、同社のグローバル・フラッグシップタイヤブランド「PROXES」(プロクセス)シリーズから来春、欧州市場で発売予定のストリート・スポーティタイヤ「PRO…

タグ: , ,
ミシュラン、2020年に英ダンディー工場を閉鎖へ
ニュース 216
216

ミシュラン、2020年に英ダンディー工場を閉鎖へ

 仏ミシュランは11月5日、2020年中期に英国スコットランドのダンディー工場を閉鎖すると発表した。閉鎖の理由にとして16インチ以下のプレミアムタイヤの需要の減少などが挙げられている。  同工場は1971年に操業を始めた。米専門紙ラバー&プラスチックニュースによると、生産品目は乗用車用およびライトトラック用タイヤで、生産能力は日産2万5000本。主に16インチ以下のタイヤを製造している。  また現…

タグ: , ,
成長市場トルコのタイヤ販売最前線、ダンロップやファルケンの評価は――
レポート 280
280

成長市場トルコのタイヤ販売最前線、ダンロップやファルケンの評価は――

 トルコ市場で販売拡大に取り組む住友ゴム工業。現地ではどのような評価を得て、市場に受け入れられているのか――。数年前より同社ブランドを販売しているタイヤショップを取材した。 ファルケンタイヤは品質と価格で評価  トルコの首都アンカラ市の中心部にはタイヤなど自動車部品の販売店が100以上も軒を連ねているエリアがある。トルコではユーザーの利便性からタイヤに限らず同じ業態が一カ所に出店するのが一般的だと…

タグ: , , , ,
住友ゴム、トルコ市場で2022年に販売量100万本へ
レポート 195
195

住友ゴム、トルコ市場で2022年に販売量100万本へ

 住友ゴム工業はトルコ工場の生産強化に伴い、現地向けのタイヤ販売量を2022年に現在の約1.5倍となる100万本に引き上げる。今後、同工場からの供給を増やすことで国産品として為替や関税のリスクを回避できることも追い風になる。新車の生産・販売台数が増加し、安定的なタイヤ需要の拡大が見込まれているトルコ市場で、現在140店舗ある取引先のタイヤ販売店を今後毎年30店舗ほど増やす計画で、シェアを6%程度ま…

タグ: , , , ,
ピレリのウィンタータイヤ、独自動車雑誌の比較試験で高評価
ニュース 295
295

ピレリのウィンタータイヤ、独自動車雑誌の比較試験で高評価

 伊ピレリはこのほど、ウィンタータイヤ「Scorpion Winter」(スコーピオン・ウィンター)が、独自動車雑誌の比較テストで、ウェットハンドリング、ドライブレーキングおよび転がり抵抗カテゴリーで「ベスト・パフォーマー」に認定されたと発表した。  「スコーピオン・ウィンター」は2012年に発売したモデル。同社では「デビューから6年を経た今日においてもカテゴリーリーダーの地位を維持している」とコ…

タグ: , ,
欧州タイヤラベリング制度の現状は――40万個のラベル表示を分析
ニュース 329
329

欧州タイヤラベリング制度の現状は――40万個のラベル表示を分析

 欧州タイヤ・ゴム製造協会(ETRMA)はこのほど、欧州市場のタイヤラベリング制度に関する調査結果を発表した。  それによると、2017年は転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の評価の組み合わせで “E-C”がもっとも多く、乗用車用タイヤ市場の約4分の1を占めることが明らかになった。また、最高グレードの“A-A”とラベリングされたタイヤの普及率は0.1%に満たず、全体の98%以上が“B-B”より低…

タグ: ,
住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に
レポート 491
491

住友ゴム、欧州事業の鍵握るトルコ工場 増強後の“次”も視野に

 住友ゴム工業は10月5日、2015年に稼働したトルコ工場を報道陣に公開した。主に欧州市場への供給拠点として活用していく方針で、工場の1日あたりの生産能力は当初の4000本から現在は1万6000本に拡大した。さらに2020年には約9割増の日産3万本へ引き上げる計画で、現在も増強が進められている。その一方で、黒田豊取締役常務(欧州・アフリカ本部長)は、「工場の使命は単にタイヤを供給するだけではない」…

タグ: , , , ,
住友ゴム、欧州市場で攻勢 ミッドセグメントのトップへ
ニュース 370
370

住友ゴム、欧州市場で攻勢 ミッドセグメントのトップへ

 住友ゴム工業が欧州市場で事業展開を加速させる。欧州への輸出拠点として2015年に稼働したトルコ工場で生産増強を進めるとともに、FALKEN(ファルケン)タイヤの新車納入や市販用タイヤの取り扱い店舗の拡大を進める。複数のタイヤメーカーがひしめく市場の中で、2022年までにシェアを現在より約2ポイント増の5%に引き上げるとともに、市場で中価格ゾーンに位置付けられる「ミッドセグメント」でトップを目指す…

タグ: , ,
クーパー、英工場でライトトラック用タイヤの生産停止へ
ニュース 126
126

クーパー、英工場でライトトラック用タイヤの生産停止へ

 米クーパータイヤは現地時間の10月10日、英南部にあるメルクシャム工場でライトトラック用タイヤの生産停止を検討すると発表した。コスト競争力の強化が主な理由としている。約300名の従業員に影響する見込み。  メルクシャム工場は1885年に稼働を開始している。生産品目はライトトラック用タイヤのほか、モータースポーツ用やモーターサイクル用タイヤの製造も行っている。

タグ: ,
ネクセン 欧州で事業強化 販売と研究拠点を集約
ニュース 85
85

ネクセン 欧州で事業強化 販売と研究拠点を集約

 韓国のネクセンタイヤの欧州法人ネクセンタイヤヨーロッパは9月にドイツの新本社に販売及び研究開発拠点を移転したと発表した。現地の拠点を1カ所に集中させることで、欧州市場での事業強化を目指す。  ネクセンタイヤのトラビス・カンCEOは、「販売やマーケティング、研究開発が連携し、製品や欧州の顧客に対するサービスの質を向上させたい」とコメントを発表した。  同社はチェコでフルオートメーションのタイヤ製造…

タグ: , ,
コンチネンタル チェコにモールド製造拠点を開設
ニュース 147
147

コンチネンタル チェコにモールド製造拠点を開設

 独コンチネンタルは9月にチェコのホルショフスキー・ティーンでタイヤモールドの製造拠点を開設した。投資額は約1100万ユーロ(約14億2549万円)。  新拠点では、コンチネンタル・モールド・アンド・マシーナリー(CMM)部門が2015年に統合した独AZ社のモールドやコンテナを製造する予定。  AZ社のラース・ブッセ氏は、「新たな技術や設備への投資は、コンチネンタルのタイヤ工場に向けた高品質な製品…

タグ: , ,
ノキアン 20万台分のタイヤをスキャン タイヤ溝の調査に活用
ニュース 201
201

ノキアン 20万台分のタイヤをスキャン タイヤ溝の調査に活用

 フィンランドのノキアンタイヤは9月18日、3Dスキャニング装置「SNAPSKAN」(スナップスキャン)によるタイヤ調査の結果を発表した。この調査は、今年6月から8月に約20万台の車両に装着されたタイヤの溝を測定したもの。  それによると、約13%のタイヤに残溝不足が確認され、約4%は夏季に冬タイヤを装着していたことが分かった。  今回活用した装置「スナップスキャン」は同社が2016年に発表したも…

タグ: , ,
住友ゴム、欧州でタイヤ販売量6割増へ 22年にシェア5%目指す
ニュース 581
581

住友ゴム、欧州でタイヤ販売量6割増へ 22年にシェア5%目指す

 住友ゴム工業は欧州市場のタイヤ販売量を2022年までに現在の約1.6倍となる2000万本レベルへ引き上げる。今後、欧州カーメーカーのプレミアムモデル向けに新車採用を進めるほか、FALKEN(ファルケン)ブランドの取り扱いタイヤディーラーを5割程度増やす。  同社は2015年に欧州市場向けのタイヤ供給拠点としてトルコのチャンクル県で工場を稼働した。また同じ時期に米グッドイヤーとの提携を解消したこと…

タグ: ,