欧州市場

エンバイロ社、スウェーデンにリサイクル工場建設へ
ニュース 390
390

エンバイロ社、スウェーデンにリサイクル工場建設へ

 スウェーデンのエンバイロは5月28日、同国西部のヴェストラ・イェータランド県ウッデバラ市に廃タイヤのリサイクル工場を建設する協議を開始したと発表した。地方支分局に建設に向けた計画を申請し、初秋には許可申請書を提出する。  新工場は廃タイヤの年間処理能力が最大6万トンで、同社では「スウェーデンにおける廃タイヤの年間発生量の半分をリサイクルするのに十分な能力がある」としている。また新工場の建設により…

タグ: , , ,
ETRMAが調査 欧州のリサイクル率は94%
ニュース 260
260

ETRMAが調査 欧州のリサイクル率は94%

 欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)は5月11日、欧州連合(EU)27カ国を含む32カ国における2019年の廃タイヤの調査結果を発表した。それによると、廃タイヤの94%は材料再利用またはエネルギー回収に用いられており、リサイクル状況は過去数年間と同水準となったことが分かった。  廃タイヤの発生量は前年比約3%減の345万53トン。このうち54%が材料再利用に活用され、数量は7%減の187万9…

タグ: , , ,
ミシュラン、車両点検ソリューションを強化 数秒でタイヤ点検を実現
ニュース 389
389

ミシュラン、車両点検ソリューションを強化 数秒でタイヤ点検を実現

 仏ミシュランは、自動車専用360度スキャナーを提供する仏プルーブステーション社と提携し、自動車両点検ソリューションを強化すると発表した。  ミシュランでは「車両点検はこれまで約30分を要し、そのうち約3分でタイヤ点検をするのが一般的だった」と指摘した上で、「今回の提携により、わずか数秒でタイヤを点検し車両点検全体を1分未満に短縮することが可能になる」と効果を説明した。なお、現時点では国内でのサー…

タグ: , , ,
ノキアン、スペインの試験路稼働 時速300kmのテストも可能に
ニュース 249
249

ノキアン、スペインの試験路稼働 時速300kmのテストも可能に

 フィンランドのノキアンタイヤは5月12日、スペインのサンタ・クルス・デ・ラ・サルサの新しいテストセンターが稼働を開始したと発表した。  同社にとって3つ目のテスト拠点となるこの施設は、年間を通して夏タイヤとオールシーズンタイヤ、冬タイヤのテストを実施できるという。広さは約300ヘクタールで、ドライおよびウェットのテストや最高で時速300kmでのテストが可能なコースなど合計10種類のトラックを備え…

タグ: , ,
横浜ゴム、ポーランドの販売会社買収 中・東欧でシェア拡大へ
ニュース 359
359

横浜ゴム、ポーランドの販売会社買収 中・東欧でシェア拡大へ

 横浜ゴムは5月14日、欧州事業統括会社のヨコハマ・ヨーロッパがポーランドを中心とした中欧・東欧諸国でヨコハマタイヤの輸入・卸売りを行っている販売代理店ITR CEE Spółka z.o.o.社の全株式を取得したと発表した。買収額は非公表。  同代理店は2015年に設立。2020年3月期の売上高は1万ポーランド・ズロチ(約15億6500万円)で、従業員数は16名。横浜ゴムはこれまで同社とともに中…

タグ: ,
ミシュラン子会社のシンビオ 水素技術の開発推進
ニュース 312
312

ミシュラン子会社のシンビオ 水素技術の開発推進

 仏ミシュランは4月15日、子会社のシンビオがバスメーカーの仏サフラおよび欧州カーメーカー、ステランティスとそれぞれ水素技術の開発プロジェクトを進めていることを報告した。  シンビオはサフラと水素バスの設計で協業しており、4月6日には新たに1500台の水素バスを開発する契約を締結した。一方、燃料電池を搭載した商用車の年内の発売を目指すステランティスに対しては、400kmの航続距離を実現し、数分間で…

タグ: ,
1~3月の欧州市販用タイヤ 前年比2ケタ増に
ニュース 274
274

1~3月の欧州市販用タイヤ 前年比2ケタ増に

 欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)が発表した加盟企業の第1四半期の市販用タイヤの販売実績は、乗用車用(SUV用、ライト・コマーシャル・ビークル用含む)が前年同期比12%増の5372万2000本だった。また、トラック用が18%増の333万6000本、農機用は9%増の33万9000本となった。  同協会では「全てのセグメントで需要が回復していることは心強い。業界と社会にとって良い兆しだ」として…

タグ: , ,
グッドイヤーの欧州子会社 ボーイング737NGに供給
ニュース 324
324

グッドイヤーの欧州子会社 ボーイング737NGに供給

 グッドイヤーの欧州子会社は4月12日、欧州の航空会社エールフランス-KLMグループの整備部門、エールフランスインダストリーズKLMエンジニアリング&メンテナンスと航空機用タイヤの供給に関する10年間の契約を締結したと発表した。  グループ子会社の蘭KLMオランダ航空と蘭トランサヴィア航空の130機以上のボーイング737NGに「フライト・リーダー」を供給する。  グッドイヤーでは「当社のリトレッド…

タグ: , ,
高性能ゴムの開発へ ブリヂストン欧州子会社とベルサリス社
ニュース 486
486

高性能ゴムの開発へ ブリヂストン欧州子会社とベルサリス社

 エラストマーの製造販売を行う伊ベルサリス社は3月29日、ブリヂストンの欧州グループ会社ブリヂストンEMIAと、高度な特性を持つ合成ゴムの研究、製造、供給に関する共同開発に合意したと発表した。  両社の研究・開発部門はオープンイノベーションモデルを利用して、高性能タイヤの製造に向けて技術やスチレン・ブタジエンゴム(SBR)を含む新しいエラストマーのグレードの開発を実施する。なお、ベルサリス社は伊ラ…

タグ: , ,
ブリヂストンの欧州拠点、全てを再生可能エネルギーに
ニュース 414
414

ブリヂストンの欧州拠点、全てを再生可能エネルギーに

 ブリヂストンの欧州グループ会社であるブリヂストンEMIAは3月22日、欧州拠点で消費する電力を全て再生可能エネルギーに切り替えたと発表した。  同拠点には欧州の全タイヤ工場や、イタリアの欧州R&Dセンター及びプルービンググラウンド、ベルギーのリトレッド用部材工場、スペインのタイヤコード工場、ベルギーのEMIA本社が含まれる。  ブリヂストンでは「当社はパリ協定や2050年までのカーボンニュートラ…

タグ: , , ,
ボルボ、欧州で全EVに通年用タイヤ標準装備
ニュース 336
336

ボルボ、欧州で全EVに通年用タイヤ標準装備

 スウェーデンのボルボ・カーズは3月、欧州20カ国で年間を通じて使用できる「リチャージタイヤ」を電気自動車に標準装備すると発表した。  同社グループは、温暖化ガスの排出実質ゼロを意味するクライメートニュートラルを2040年までに実現する目標を掲げており、今回の取り組みはその一環。「幅広い路面状況に対応できるタイヤを1セット使用することで、年に2回のタイヤ交換を無くし、お客様の負担を軽減するとともに…

タグ: , ,
ミシュラン、初のエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」欧州で販売開始
ニュース 1,108
1,108

ミシュラン、初のエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」欧州で販売開始

 仏ミシュランは3月3日、環境負荷を最小化した初めてのエコデザインタイヤ「e.PRIMACY」(イー・プライマシー)を欧州向けに販売開始したと発表した。  「e.プライマシー」は環境への影響を軽減しながら優れたパフォーマンスの両立を目指しており、欧州タイヤラベリング制度のグレードは転がり抵抗でA、ウェットグリップでBを獲得した。同社では「グレードA-BもしくはA-Aを獲得したタイヤが1%未満である…

タグ: , , ,
ブリヂストン、仏ベチューン工場を4月末で閉鎖
ニュース 328
328

ブリヂストン、仏ベチューン工場を4月末で閉鎖

 ブリヂストンは17日、仏ベチューン工場を4月末に閉鎖する予定だと発表した。同社は昨年10月から関係者と工場閉鎖に向けた協議を行っていたが、2月26日(現地時間)に終結し、3月16日(現地時間)に現地当局から計画が承認された。工場の従業員は配置転換や再就職の支援などを行う。  同工場は1961年に操業を開始。2020年9月時点で乗用車用タイヤを日産1万7000本生産していた。従業員数は863人。 …

タグ: , ,
住友ゴムの「AZENIS FK510」が独タイヤテストで総合1位
ニュース 668
668

住友ゴムの「AZENIS FK510」が独タイヤテストで総合1位

 住友ゴム工業は3月12日、ファルケンブランドの乗用車用タイヤ「AZENIS FK510」が欧州最大の自動車連盟である「ADAC」(独自動車連盟)が実施したタイヤテストで総合1位を獲得したと発表した。  今回のテストは、「AZENIS FK510」(タイヤサイズ:225/50R17 98Y)をアウディ「A4」に装着して行われ、ウエット性能、ドライ性能とも高次元で両立した夏タイヤとして高く評価された…

タグ: , , ,
欧州の新タイヤラベル コンチネンタルがポイント解説
ニュース 497
497

欧州の新タイヤラベル コンチネンタルがポイント解説

 5月から欧州で乗用車用、小型商用車用、中・大型商用車用タイヤに新しいラベリング制度が導入される。独コンチネンタルは1月19日のリリースで「新しいタイヤラベルは消費者に、選択したタイヤのより包括的な情報を提供するために導入される」と紹介した。  新しいラベルでは、転がり抵抗とウェットブレーキ性能のクラス分けが再構成される。これまでの「A」「B」「C」クラスは変更せず、乗用車用やバン用タイヤのうち両…

タグ: ,