先進技術

コンチネンタル 残溝の自動測定システム 2019年に実用化へ
ニュース 1,790
1,790

コンチネンタル 残溝の自動測定システム 2019年に実用化へ

 独・コンチネンタル・オートモーティブが開発を進めているタイヤ溝の深さを検知する電子システム「eTIS」が2019年以降、新車装着される見込みとなった。  「eTIS」はトレッドの内側に取り付けたセンサーにより、タイヤが接地するときの圧力や時間を計測して残溝を計算する仕組み。溝の深さが一定以下になった場合は運転席のドライバーに警告を知らせる。今後、同社の直接式タイヤ空気圧モニタリングシステム(TP…

タグ: , ,
横浜ゴム ワイドシングルタイヤを2017年春に発売
ニュース 3,338
3,338

横浜ゴム ワイドシングルタイヤを2017年春に発売

 横浜ゴムは9月1日から3日の3日間、パシフィコ横浜で開催された「ジャパントラックショー2016」に、2017年春に国内で発売予定のワイドシングルタイヤを参考出品した。同製品は2009年に発売したバス用シングルタイヤをベースに開発したもので、大型トラックやトレーラーにも対応できる。  従来のダブルタイヤと比較して1軸あたり80kg~100kgの軽量化が図れるため、積載効率を高めることができるのが特…

タグ: , , ,
ミシュラン 新たなタイヤ管理システムを2017年に国内導入
ニュース 2,953
2,953

ミシュラン 新たなタイヤ管理システムを2017年に国内導入

 日本ミシュランタイヤは、9月1日から3日の3日間、パシフィコ横浜で開催された「ジャパントラックショー2016」の中でIoT技術を活用したタイヤ管理システムを発表した。早ければ半年以内に実用化し、ワイドシングルタイヤ「X One」の性能を運用面でより向上させることが可能となる。  このシステムは同社とソフトバンク、オレンジジャパン(東京都江東区)の3社が共同で開発を進めているもの。ソフトバンクが提…

タグ: , , , ,
開発が加速する次世代のタイヤ管理システム
ニュース 735
735

開発が加速する次世代のタイヤ管理システム

 国内トラック・バス用タイヤ市場でタイヤメーカーによるITを活用したタイヤ管理システムの開発が加速している。これまで作業員に頼っていたタイヤ点検や整備にかかる時間や労力を低減しつつ、コスト削減を求める運送会社などに提案することで新規開拓や既存顧客の囲い込みに繋げていく。  先週、開催された「ジャパントラックショー2016」で、横浜ゴムは外部のネットワークと連携できる機能を搭載した空気圧管理システム…

タグ: , , , ,
ブリヂストン 新タイヤ成型システム 彦根工場に導入
ニュース 1,541
1,541

ブリヂストン 新タイヤ成型システム 彦根工場に導入

 ブリヂストンは5月25日、都内で会見を開き同社独自のICT(情報通信技術)に、新たに人工知能(AI)を組み入れたタイヤ成型システム「EXAMATION」(エクサメーション)を、乗用車用タイヤのフラッグシップ工場である滋賀県・彦根工場に初めて導入したと発表した。今年2月から成型工程の一部で稼働を始めており、2020年までに同工場の全ての成型機をエクサメーションに移管する。  同社は昨年10月に公表…

タグ: ,
安全なクルマ社会の実現へ ブリヂストンの「イノベーション」
レポート 1,778
1,778

安全なクルマ社会の実現へ ブリヂストンの「イノベーション」

 ブリヂストンは4月9日、栃木県のプルービンググラウンド(テストコース)で安全をテーマとした技術説明会を開催し、路面判定技術「CAIS」(カイズ)や次世代低燃費タイヤ「ologic」(オロジック)の実車デモ、さらに乗用車用タイヤ「Playz」(プレイズ)の開発で活用した脳波測定装置の実験を公開した。同社ではこれらの先端技術を広く普及させることで、安全なモビリティ社会へ貢献していく。 路面状態を解析…

タグ: , , ,
ブリヂストン 路面判定システムの実車走行を初公開
ニュース 479
479

ブリヂストン 路面判定システムの実車走行を初公開

 ブリヂストンは4月9日、栃木県の同社プルービンググラウンド(テストコース)で、安全技術に関する説明会を開催し、路面判定技術「CAIS」(カイズ)の実車走行を報道陣に公開した。  「CAIS」はContact Area Information Sensingの頭文字。タイヤ内部に取り付けたセンサーから路面状態を測定する技術で、昨年同社が世界で初めて実用化にこぎつけた。  今回は株式会社ネクスコ・エ…

タグ: ,
ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化
ニュース 346
346

ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化

2020年に一般車両へ適用めざす  ブリヂストンは11月25日、タイヤ内部に取り付けたセンサーから路面の状態を判別する技術を世界で初めて実用化したと発表した。降雪などによる路面状態の変化をリアルタイムに感知し、ドライバーへ伝えることで安全運転をサポートする。ネクスコ・エンジニアリング北海道支社とライセンス契約を締結し、今冬から運用を開始する。さらに2020年までに乗用車など一般車両への適用を目指す…

タグ: ,
「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション
ニュース 1,041
1,041

「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション

 東京モーターショー2015にはタイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーの4社がブースを出展した。プレスで2日目の10月29日には各社がプレスブリーフィングを開催した。タイヤメーカーが見据える、未来のモビリティ社会へ貢献する技術や取り組みとは――。 住友ゴム工業「課題を技術で超える」  独自の新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」が完成したと発表した。この新…

タグ: , , , , , ,
ブリヂストン グアユールのタイヤが完成
ニュース 207
207

ブリヂストン グアユールのタイヤが完成

 ブリヂストンは1日、都内で会見を開きグアユール由来の天然ゴムを原料としたタイヤが完成したと発表した。  グアユールは乾燥地帯が原産の低木で幹の部分に天然ゴムを含んでいる植物。同社は新たな天然ゴム供給源の一つとしてグアユールの研究開発を進めている。今回製造したタイヤでは、使用した天然ゴム成分の99%以上にグアユールゴムを適用した。タイヤとしての基本性能は確認できており実走行も可能だが、燃費性能など…

タグ: ,
ミシュランのモータースポーツ戦略 ワンメイクでも技術の研鑽を
コラム 1,352
1,352

ミシュランのモータースポーツ戦略 ワンメイクでも技術の研鑽を

ワンメイクでも技術の研鑽は可能  「コンペティターがいなくても自らにハードルを課していけば、技術は必ず進化する」――ミシュランのモータースポーツに対する方針は、この数年徐々に変化し、結果的に大きな転換点を迎えることになった。  同社では「タイヤの性能はギリギリの世界で証明してこそ、本当の性能を示すことができる」との考えのもと、長年にわたり、ライバルたちと激しい戦いを繰り広げてきた。だが、10年ほど…

タグ: , ,
ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」
レポート 915
915

ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」

 ブリヂストンは5月8日、小平市の技術センターでタイヤ技術「ologic」(オロジック)の技術説明会を開催し、併せてタイヤ踏面の挙動を可視化する「ULTIMAT EYE」(アルティメット アイ)の試験施設を公開した。  「ologic」はタイヤサイズを狭幅・大径化、高内圧化することにより、転がり抵抗と走行時の車両の空気抵抗を従来のタイヤと比較して大幅に低減しつつ、ウェットグリップ性能を高めているの…

タグ: , , ,
住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成
ニュース 627
627

住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成

 住友ゴム工業は10月5日、超高精度を追求した次世代タイヤ新工法「NEO-T01」が完成したと発表した。実際の仕上がりサイズで作られているタイヤ内側の形状をした金属製成形フォーマーに、自動で各種部材を貼り付けていく手法で、走行時の均一性を大幅に向上させた。同社ではこの新工法で製造する第一弾商品として、2014年に次世代ランフラットタイヤを発売する計画だ。 新型ランフラットタイヤ 2014年に発売 …

タグ: , , ,
技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開
レポート 922
922

技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開

ブリヂストン/小平技術センター  ブリヂストンは9月28日、東京都小平市の技術センターにある研究施設の一部を報道陣に初めて公開し、同社のタイヤ研究開発における最前線の取り組みを紹介した。  今回は、トレッドパターンをデザインする「デザインルーム」や天然ゴム(パラゴムノキ)の生産性向上のためのDNA解析を行う「天然ゴム実験棟」などを公開。デザインルームは残念ながら写真撮影はNGだったが、この部署では…

タグ: , , , ,
「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ
特集 2,500
2,500

「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ

 ブリヂストンは、昨年12月に開催した「東京モーターショー2011」で数年先の実用化を見据えた“将来技術”として、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」を発表した。現時点では開発段階ではあるが、タイヤの可能性を広げる事例として注目を集めた。そのコンセプトや今後の展望について同社中央研究所の開発責任者から話をきいた。 「100%リサイクル可能でパンクの心配もない。数年後を目途に実用化を判断」 …

タグ: , , ,