先進技術

ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化
ニュース 261
261

ブリヂストン 路面状態判別技術を実用化

2020年に一般車両へ適用めざす  ブリヂストンは11月25日、タイヤ内部に取り付けたセンサーから路面の状態を判別する技術を世界で初めて実用化したと発表した。降雪などによる路面状態の変化をリアルタイムに感知し、ドライバーへ伝えることで安全運転をサポートする。ネクスコ・エンジニアリング北海道支社とライセンス契約を締結し、今冬から運用を開始する。さらに2020年までに乗用車など一般車両への適用を目指す…

タグ: ,
「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション
ニュース 796
796

「東京モーターショー2015」タイヤメーカーが生み出すイノベーション

 東京モーターショー2015にはタイヤメーカーからブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、日本グッドイヤーの4社がブースを出展した。プレスで2日目の10月29日には各社がプレスブリーフィングを開催した。タイヤメーカーが見据える、未来のモビリティ社会へ貢献する技術や取り組みとは――。 住友ゴム工業「課題を技術で超える」  独自の新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」が完成したと発表した。この新…

タグ: , , , , , ,
ブリヂストン グアユールのタイヤが完成
ニュース 123
123

ブリヂストン グアユールのタイヤが完成

 ブリヂストンは1日、都内で会見を開きグアユール由来の天然ゴムを原料としたタイヤが完成したと発表した。  グアユールは乾燥地帯が原産の低木で幹の部分に天然ゴムを含んでいる植物。同社は新たな天然ゴム供給源の一つとしてグアユールの研究開発を進めている。今回製造したタイヤでは、使用した天然ゴム成分の99%以上にグアユールゴムを適用した。タイヤとしての基本性能は確認できており実走行も可能だが、燃費性能など…

タグ: ,
ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」
レポート 520
520

ブリヂストンの最先端タイヤ技術「ologic」「ULTIMAT EYE」

 ブリヂストンは5月8日、小平市の技術センターでタイヤ技術「ologic」(オロジック)の技術説明会を開催し、併せてタイヤ踏面の挙動を可視化する「ULTIMAT EYE」(アルティメット アイ)の試験施設を公開した。  「ologic」はタイヤサイズを狭幅・大径化、高内圧化することにより、転がり抵抗と走行時の車両の空気抵抗を従来のタイヤと比較して大幅に低減しつつ、ウェットグリップ性能を高めているの…

タグ: , , ,
コンチネンタル・オートモーティブ 「TPMSの世界シェア3割を目指す」
ニュース 690
690

コンチネンタル・オートモーティブ 「TPMSの世界シェア3割を目指す」

 コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンは12月14日、都内でTPMS(空気圧管理システム)に関する説明会を開催した。  TPMSは各国で法規制の動きが活発化している。米国では既に2005年から新車への装着が義務付けられており、欧州では今年11月1日から同様の規制が始まったばかりだ。さらに韓国でも来年1月から規制が導入されることが決まっている。  日本市場では「議論は進んでいるが、依然としてコ…

タグ: , ,
コンチネンタルオートモーティブ TPMS事業を推進
レポート 275
275

コンチネンタルオートモーティブ TPMS事業を推進

 コンチネンタル・オートモーティブは10月3日、千葉県のテストセンターでプレス向け試乗会を開催し、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)など同社の最新技術を紹介した。  今回の試乗会では、同社が積極展開している「直接式TPMS」を用いて、低空気圧状態をドライバーの携帯端末に無線で送信する仕組みを体験。端末の画面には4輪それぞれの空気圧レベルが常時表示され、空気圧が低下した場合は、そのタイヤが…

タグ: , , ,
住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成
ニュース 394
394

住友ゴム “超高精度”を追求した次世代新工法「NEO-T01」完成

 住友ゴム工業は10月5日、超高精度を追求した次世代タイヤ新工法「NEO-T01」が完成したと発表した。実際の仕上がりサイズで作られているタイヤ内側の形状をした金属製成形フォーマーに、自動で各種部材を貼り付けていく手法で、走行時の均一性を大幅に向上させた。同社ではこの新工法で製造する第一弾商品として、2014年に次世代ランフラットタイヤを発売する計画だ。 新型ランフラットタイヤ 2014年に発売 …

タグ: , , ,
技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開
レポート 587
587

技術開発の総本山 タイヤ開発の最前線をメディアに公開

ブリヂストン/小平技術センター  ブリヂストンは9月28日、東京都小平市の技術センターにある研究施設の一部を報道陣に初めて公開し、同社のタイヤ研究開発における最前線の取り組みを紹介した。  今回は、トレッドパターンをデザインする「デザインルーム」や天然ゴム(パラゴムノキ)の生産性向上のためのDNA解析を行う「天然ゴム実験棟」などを公開。デザインルームは残念ながら写真撮影はNGだったが、この部署では…

タグ: , , , ,
「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ
特集 1,757
1,757

「エアフリーコンセプト」ブリヂストンの絶対にパンクしないタイヤ

 ブリヂストンは、昨年12月に開催した「東京モーターショー2011」で数年先の実用化を見据えた“将来技術”として、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」を発表した。現時点では開発段階ではあるが、タイヤの可能性を広げる事例として注目を集めた。そのコンセプトや今後の展望について同社中央研究所の開発責任者から話をきいた。 「100%リサイクル可能でパンクの心配もない。数年後を目途に実用化を判断」 …

タグ: , ,
コンチネンタル 安全技術の開発を加速
レポート 91
91

コンチネンタル 安全技術の開発を加速

メディア試乗会で直接式TPMSを訴求  コンテネンタル・オートモーティブ(神奈川県横浜市)は10月12日、千葉県旭市にある同社テストセンターでメディア向け技術説明会および試乗会を開催した。  同社は、2006年から年に一度、定期的にこのような技術イベントを開催している。6回目となった今回は、シャシー&セーフティ部門、パワートレイン部門、インテリア部門の3部門から「TPMS」や「緊急ブレーキシステム…

タグ: , , ,