【オートサロン2017】国内各社が最新商品を訴求

 「東京オートサロン2017」が1月13日から15日までの3日間、千葉市の幕張メッセで開催された。今回はタイヤメーカーをはじめ、合計400社超が出展。来場者数は過去最高を記録した前回(32万5501人)とほぼ同等の32万4400人だった。各社は2017年に市場投入する最新商品やプロトタイプなどを多数出展し、来場者の関心を集めた。

ブリヂストン

ブリヂストンブース
パターンを床面に配置したデザイン

 今回は車両の土台に電飾を装着し、次第に加速していくスピード感あるデザインを採用。同時に各車両に装着されているタイヤのトレッドパターンを床面に配置し、走行する車両のイメージをより全面に押し出したデザインとなった。また、ブース奥のスペースではF1から市販までタイヤとともにレース用品などを展示。

 同社Jリージョンイベントマーケティングユニットの新延涼介さんは、「レース用のタイヤから市販のタイヤまで、スピードへの情熱と技術が繋がっていることを実際に体感していただけたら」とその狙いを話した。

 他にランフラットタイヤの従来品と現行品の切断模型を展示。来場者は実際に手で押して、乗り心地に影響する硬さの違いを体感していた。

ダンロップ

DUNLOPブース
「ダットサン」に装着したタイヤは大きな注目を集めた

 今年は昨年のエコ展示から一転、2月から発売となる「ル・マン5」と「ディレッツァ ZⅢ」を全面に押し出した。

 中心から外へと広がるスピード感のあるブースの中央には、往年の名車「ダットサン」を配した。また、同社のサイレントコア技術の消音能力を体感できるキットを設置。低音が吸収される様子を実際に聞いて試す来場者が多く見られた。

 ブースコンセプトは、「今回は走りを強く押し出した展示を行った。ダンロップというブランドが持つ伝統や信頼とともに走る魅力を感じて欲しい」(担当者)。

横浜ゴム

アドバン HF タイプD
アドバン HF タイプD

 今年100周年を迎える同社は、ブース上部に100本のラインを配したデザインと社歴紹介のパネルを設置した。併せてブース中央の大型ディスプレイでは最新のCMを繰り返し流し、歴史と伝統を来場者にアピールした。

 また、ヒストリックカー向けの復刻版「アドバン HF タイプD」を初公開し、注目を集めた。同社では「ヒストリックカーのユーザーから、レストアパーツの中でタイヤだけは自力で用意できないという声があり、要望に応えた」と話し、「現在はワンサイズだが、ブース内でアンケートを実施し、結果を踏まえて販売サイズを検討する」と説明した。

トーヨータイヤ

オープンカントリー R/T
オープンカントリー R/T

 今年のブースは「加速する情熱(アクセラレーション)」をイメージし、4方向へ車両が走り出すデザインを採用。昨年グッドデザイン賞を受賞した「オープンカントリー R/T」と「トランパス ML」のほか、「オープンカントリー A/Tプラス」と「プロクセス・スポーツ」を参考出品した。どちらも発売は3月頃を予定している。

 担当者は「昨年エンジンに点火した“情熱”を、今年は“加速”させるイメージを持たせた。それぞれに個性のあるタイヤと車両のマッチングを楽しみ、当社らしい走りの楽しさを感じてもらえたら」と話していた。

ファルケン

タイヤをターンテーブルに
タイヤをターンテーブルに

 今年は「GROOOOVE ~足元に、個性はあるか?~」をテーマに、昨年に続き“体感”を中心とした展示を行った。ブースではターンテーブルに見立てた4種類のタイヤを回転させ、リズムに乗ることで中央ディスプレイのムービーが変わり、それぞれのタイヤのテーマとイメージに沿った映像と音楽を体感できる仕組み。

 また「ニュルブルクリンク24時間レース」参戦車両である「ポルシェ911 GT3R」や、今年も協賛を決めたレッドブルエアレースの機体模型なども展示。担当者は「タイヤに触って頂く機会は意外に少ない。実際に手で触れて、感じて、楽しんでいただくことで、タイヤはどんなものなのか体感していただければと思う」と展示の狙いを話した。

ニットージャパン

海外で好評の商品を国内に投入
北米で好評の商品を国内に投入

 4年ぶりの出展となった今回は、2月から国内市場に投入予定のハイエンドカー向け「NT555 G2」とSUV用タイヤ「NT421Q」の2つの新商品とそれぞれの装着車両を展示した。

 両商品はともに独自の材料基盤技術「ナノバランステクノロジー」を採用した。従来品から約10年ぶりのモデルチェンジとなる「NT555 G2」は低燃費シリカ配合を採用してウェットグリップ性能と転がり抵抗性能の両立を図った。「NT421Q」は新コンパウンドによりウェットグリップ性能を高めた。また大型ブロックパターンと細かく切ったサイプを採用してSUVのラグジュアリー感を演出しつつ、優れた静粛性を実現している。

 開発を担当した東洋ゴム工業の永井邦彦氏は、「この2つの商品は先行発売している北米で好評を得ており、日本のユーザーにも体感して頂きたい」と語った。なお、今後は欧州などにも展開していく計画。

スライドショーには JavaScript が必要です。


[PR]

[PR]

【関連記事】