タイヤ販売店が産業展で塗装技術をPR

シェア:
カテゴリー: レポート, 現地
展示したホイール
展示したホイール

 埼玉県狭山市でタイヤ・ホイールを販売する有限会社ミズノは、10月31日から11月1日まで東京ビッグサイトで開催された「産業交流展2016」にブースを出展した。

 同社はホイール塗装のために導入した鏡面塗装や水圧転写の技術を転用し、さまざまな商品への塗装を行っている。ブースではホイールやプラスチック、木材、陶器などの塗装サンプル展示のほか、同社の塗装システムである鏡面塗装機材の実演と展示販売も行った。

 同社が販売する機材は200万円ほどで「ほかに塗装と乾燥のためのスペースがあれば、すぐに鏡面塗装加工が導入できる」(阿部雅俊技術本部長)という。また「今回の展示会は来場者数が多く手応えがあった」と話し、今後のビジネス拡大への期待感を話していた。

 この展示会は、首都圏に事業所がある中小企業の販路拡大や情報交換、マッチングを目的として、1998年から開催されている。


[PR]

[PR]

【関連記事】