住友ゴム 二輪車用タイヤの安全点検活動 全国6ヵ所で実施

シェア:
カテゴリー: レポート, 現地
住友ゴム 二輪車用タイヤ点検活動
住友ゴムの二輪車用タイヤ点検活動

 住友ゴムグループの二輪車用タイヤ販売会社、ダンロップモーターサイクルコーポレーションは8月7日、「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」の一環として二輪車用タイヤの安全点検活動を全国6カ所で一斉に行った。

 この活動は8月19日「バイクの日」に合わせ、二輪車ユーザーへの安全啓発を促すことを目的に2012年から実施している。2014年は悪天候により中止となったため、今回で4回目の活動となった。

 実施会場のひとつ、ターンパイク箱根大観山駐車場(神奈川県足柄下郡)には住友ゴム工業の増田栄一執行役員タイヤ国内リプレイス営業本部長をはじめ、㈱ダンロップモーターサイクルコーポレーションの下方康司代表取締役社長とその従業員など計12名が参加した。

 会場では9時から15時まで駐車場を利用するライダーに声をかけ、タイヤの残溝チェックや表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を実施。併せてタイヤの安全で正しい使用・管理方法について説明した専用のチェックカードを配布し、日常点検の重要性を訴求した。なお、今回は大観山駐車場だけで211台の車両点検を行った。

増田執行役員
住友ゴム工業の増田執行役員

 増田執行役員は、「過去の点検結果をみると、タイヤにかかわる不良率は約1割。そういったユーザーに安全で走って頂くため、今回のような点検活動を積極的に実施することは重要だ」と述べた。

 また、下方社長は「オートバイに比べ、タイヤ点検に意識が比較的薄い原付スクーターなどのライダーへの啓蒙活動を今後も検討していきたい」と話していた。


[PR]

[PR]

【関連記事】