日本ゼオンが「プラスチックソーラー」紹介 環境展示会で

シェア:
カテゴリー: レポート, 現地
日本ゼオンのブース
日本ゼオンのブース

 日本ゼオンは、12月5日から7日まで東京ビッグサイトで開催された環境展示会「エコプロ2019」に「project LNES」(プロジェクト・ルネス)のブースを出展。同プロジェクトが提案するプラスチックソーラー「ソーラーカード」は、落としても壊れにくいプラスチック材質設計を採用し、80mm×80mm×1.2mmの手のひらサイズで、11gの軽量設計を実現した。

 ブースでは「SUSTAINABLE CULTURESTYLE(サステナブル・カルチャースタイル)への道標」をコンセプトに、6月からテスト販売を開始した「ソーラーカード式ランプ」のほか、「ソーラーカード」を複数つなげて動く完全自律型の探索用ロボットなどコンセプトモデルを展示した。 担当者は「ソーラーカードは自然になじむデザインで、景観を邪魔しない電力供給を目指している」と話していた。


[PR]

[PR]

【関連記事】