東洋精器工業 乗用車用タイヤチェンジャー「PIT R-220AI」LLユニット

シェア:
カテゴリー: レポート, 整備機器

 東洋精器工業の22インチ対応の乗用車用タイヤチェンジャー「PIT R-220AI」。軽自動車用から超偏平大径タイヤ、ランフラットタイヤにも対応するスタンダードモデルだ。

 同社ではこのほど、タイヤ装・脱着作業でレバーレス作業を可能にする「LL(レバーレス)ユニット」を開発。この「PIT R-220AI」に搭載し、本格販売を開始した。販売企画部の菊永孝二副部長に実演デモとポイント解説を行ってもらった。

「LLユニット」で一層の省力化

 まず「PIT R-220AI」について、簡単にさらっておく。同機は主に、整備工場やガソリンスタンドなどでの使用を想定し開発。価格を抑えながら、上位機種並みの高機能を備えているのが大きな特徴だ。

PIT R-220AI
PIT R-220AI

 その1つが「無段階変速回転」機能。回転テーブルに無段階インバータモーターを採用した。ペダルの踏み加減で、回転スピードを自由にコントロールすることができるものだ。従来のスタンダードモデルでは速度が一定の「定速回転」が主流。

 だが、これは作業者の好みで自由に回転スピードを調節することができる。このため、作業を思いのまま進めることが可能だ。従って、オペレータは安全でストレスなく作業を行える。

 もう1点はプレスローラーとホールドプレス、2つのプレス機能を1つのアームに集約させたこと。それにより、それまでの上位機種に多くみられる2本アームを1本化した。アームを1本にすることで、機器のコンパクト化を実現。ピット作業周りにおける省スペースに大きく貢献する。同時に、製造コスト面を抑えられることから、コストパフォーマンスの向上にもつながっている。

「LLユニット」のツールはタイヤレバーと同じ軌跡を描く
「LLユニット」のツールはタイヤレバーと同じ軌跡を描く

 その「PIT R-220AI」に、今回「LLユニット」を搭載した。菊永副部長がランフラットタイヤの装・脱着を行う。

 ホイールセンターに、プレスアームでセンターコーンを押さえ込む。ホイールチャッキング作業が非常に簡単だ。

 次に、「LLユニット」の出番。プレスローラーで上ビードを押さえつつユニットを操作する。タイヤレバーの役割を果たす「LLユニット」のツール部がタイヤとホイールの中に挿入されタイヤビード部をめくりあげる。このときのツールの動きが〝ミソ〟。

 タイヤレバーの動き、つまりレバーの軌跡とそっくりにツールが動くのだ。しかも、手動のレバーよりもスピーディで、ビードにやさしく。この独自の可動機構により、安全でスムーズ、スピーディなビードめくり上げを実現した。

プレス機能を1つのアームに集約
プレス機能を1つのアームに集約

 プレスローラー操作による一連の作業を経て、上ビード外しが完了。そのままプレスローラーで下ビードも外す。タイヤを交換し、今度は装着作業。やはりプレスローラーを操作し、上ビードのはめ込みを。プレスし、テーブルを回転させると、ビードがドロップされホイールに組み込まれる。流れるようにタイヤの装・脱着が完了した。

 「作業工程が非常にシンプル。状況に応じてレバー作業、レバーレス作業を選べる。またLLユニットの扱いは容易。作業に困難をともなう、サイド剛性の高い超偏平タイヤやランフラットタイヤでも、習熟度や労力を要さずにビードめくりを行える」。実演デモを終えた菊永副部長はこのように解説する。

 実務経験の少ない作業者の場合、「LLユニット」を常に使用。熟練者の場合、スタンダードタイヤは通常のタイヤレバーを用いてそのまま作業し、ランフラットタイヤは、「LLユニット」でレバーレス作業を行う――このように、ピット作業の現場で使い分けも可能だ。

 東洋精器では現在、「LLユニット」について特許を出願中。今後、ニーズに対応し、「PIT R-220AI」だけでなく他のタイヤチェンジャーへの搭載も計画。順次展開していく考えだという。


[PR]

[PR]

【関連記事】