ミシュランの「X One」信州地区で初採用

シェア:
カテゴリー: ニュース, レポート, 現地

国内の採用実績は5倍へ拡大

今回納入された日野「プロフィア」
今回納入された日野「プロフィア」

 日本ミシュランタイヤのトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「X One」が長野県の運送会社、アルプス運輸建設株式会社の大型トラックに新車装着され7月7日、現地で報告会が行われた。メーカー、運送会社、さらにタイヤ販売店の立場から見た「X One」の導入効果やメリットとは――。

 「X One」は、トラックの後輪に装着されているダブルタイヤを1本にするというコンセプト。大幅な軽量化を実現することで積載効率の向上だけでなく、低燃費化や廃棄タイヤの減少による環境負荷低減が期待できる。

 日本ミシュランタイヤトラック/バスタイヤ事業部マーケティング部の秋田修マネージャーは、「X Oneは多くの輸送事業者が抱えている運送効率改善やコスト削減、環境負荷低減への取り組み、安全性向上といった課題を解決するソリューションだ」と話す。

 「X One」のメリットとしてミシュランが掲げるのは、①積載量の維持・拡大②低燃費による輸送コスト削減③メンテナンス時間の削減④廃棄タイヤ削減⑤パンク率の低減⑥運転操作性向上⑦車両設計の可能性拡大――といった点だ。

 北米など海外市場で実績を積み上げてきた「X One」が、国内で発売されたのは2007年。当初はタンクローリーへの導入が大半を占めていたが、その後、ポスト新長期規制の影響により積載量の確保や燃費効率の改善を求めるユーザーからの問い合わせが増加。ここ数年はトレーラーや冷凍車など様々なタイプの車両への採用が進み、今年に入ってからも北陸や関西の運送会社へ新車装着されている。

 全体の数量はまだ多くはないものの、右肩上がりで成長を続けており、同社では2015年末時点での累計導入数は2007年と比較して5倍程度まで拡大すると予測している。 

「革新的なタイヤ」

 今回、信州地区にある運送会社として初めて「X One」の導入を決めたアルプス運輸建設株式会社の上嶋金司社長は、「当社は2012年からミシュラン製品を使用しており、シングルにすれば必ず良い結果が得られるだろうと考えていた」と話す。

タイヤサイズは455/55R22.5
タイヤサイズは455/55R22.5

 同社は1959年に長野県松本市で設立した。従業員数は約90名。65台のトラックを保有し、建築資材などの運搬を手がけているが、ここへきて新規ビジネスの話が舞い込んできた。 隣接する塩尻市では、県や大学などと連携して循環型地域社会の形成や地域の活性化を図る森林バイオマス資源活用事業「信州F-POWERプロジェクト」が進められている。

 この事業は木材加工によって発生するチップを使って発電する木質バイオマス発電により循環型地域社会の形成を目指すというもの。ただ、県内に発電所が完成する2017年頃までは富山県にある発電所にチップを運搬する必要があり、その輸送を担当することになったのがアルプス運輸建設だ。同社はこれを機に新型車両の導入を決め、リアタイヤには「X One」を採用した。

 「木材チップの輸送では、富山からの長野に戻ってくる際、チップ以外の運搬物を積載することになる。1台のトラックで様々な荷物を運ぶにはどうすればいいのか?」 ――荷重に耐えられるよう部材をアルミからステンレスに変更するなどして強度を高めたが、その反面、車体重量が増加し、積載量が少なくなってしまうことが懸念された。

 その課題を解決したのが「X One」だ。TPMSやアルミホイールも同時に装着するため、イニシャルコストは従来のダブルより高くなるものの、ランニングコストを考慮すると大きなメリットが見込める。

 「X One」を提案したのは長野県上伊那郡箕輪町にあるタイヤ販売店、株式会社信州輸入タイヤ。市瀬淳一郎専務は「以前はX Oneはタンクローリーに使用する限定的なものとイメージしていた」と振り返る。一方でここ数年、導入事例が拡大していることは耳にしていた。そうした中、「X One」を取り扱っているタイヤ販売店から話を聞くなどするうちに、「これはラジアルタイヤの発明に匹敵する革新的なタイヤなのではないか」と考えを改めたという。

 その後、信州初の「X One」導入を目指して提案活動を強化。アルプス運輸建設への納入が決まってからはミシュランやホイールメーカー、車両メーカーと打ち合わせを重ね、ついに納車へこぎ着けた。

 それでも当初は「これまで2本のタイヤを販売していたものが1本になってしまう」という不安もあった。だが、「シングルならメンテナンスにかかる時間は半減でき、その分、より多くのお客様を取り込める可能性がある」と前向きな姿勢を示す。

 市瀬専務は「運送会社からの問い合わせが増えてきているので、X Oneをさらに広めていきたい」と、今後もより多くの顧客に向けてそのメリットを訴求していく考えだ。

 なおアルプス運輸建設では間もなく納車する車両にも「X One」を装着する予定だという。上嶋社長は「運送会社は経費削減だけでなく、事故を起こさないよう、安全第一に仕事をしないと商売が継続できない。X Oneは耐久性にも優れているので期待している」と話していた。

 運送会社にとって「X One」は、いわば課題解決の〝切り札〟。そこへかかる期待は今後大きくなっていきそうだ。


[PR]

[PR]

【関連記事】