シリーズ初の低燃費タイヤ ブリヂストン「REGNO GR-XT」

シェア:
カテゴリー: レポート, 試乗

REGNO GR-XT

環境性能向上。音の変化抑え更に静かに

 ブリヂストンは乗用車用タイヤ「REGNO」シリーズに、タイヤのラベリング制度の性能表示に対応する新商品として「REGNO GR-XT」を開発し、50シリーズから70シリーズ、14インチから18インチまでの全30サイズを2月1日から順次発売した。同社では、新商品の性能を多くの販売店関係者やユーザーに体感してもらうべく、タイヤ販売会社ベースで新商品の発表試乗会の開催を企画。2月3日、東京・台場の日航ホテル東京と隣接する臨海副都心エリアで開催した。

 「REGNO」は、乗用車用初の高級ラジアルタイヤとして、1981年に初代「REGNO GR-01」が発売された。静粛性や乗り心地を重視したその性能は、同社乗用車用タイヤのトップブランドとして、輸入車をはじめ、高級サルーンのオーナーから高く支持されており、今年で発売30年を迎えることになった。

 新商品「REGNO GR-XT」は、その「REGNO」シリーズ初の低燃費タイヤという位置付けとなる。同社独自の先進技術である「ナノプロ・テック」を採用することにより、転がり抵抗を大幅に低減しながら、背反する性能であるウェット性能を両立。ラベリング制度の転がり抵抗性能グレードで「A」、ウェットグリップ性能グレードで「b」を達成した。

 また、東京大学生産技術研究所応用音響工学研究室と共同研究を行うことで、さまざまな路面での音の低減を実現。従来品「REGNO GR-9000」対比で静粛性をさらに向上させるとともに、路面変化による音の変化を抑えることで、〈人が心地良さを覚える〉音色を実現したことも特徴だ。

 「REGNO」ブランドに求められる運動性能と快適性能は従来品から継承し高いレベルを維持したまま、いかに環境性能を上げるか――このことが「REGNO GR-XT」の最大の開発コンセプトとなっている。

シリーズ初の低燃費タイヤ

坂道惰性走行
坂道惰性走行

 今回の試乗メニューは4種。そのうちの一つ、「坂道惰性走行」実験(キャリアカーによって作られた坂の頂上に、エンジンを切りギアはニュートラルに入れた状態のクルマを止めておく。車輪止めを外すことで、クルマは坂を惰性で走り始め、やがて停止する。転がり抵抗が低いタイヤほど、停止するまでの走行距離が長くなる)は、新商品「REGNO GR-XT」と従来品「REGNO GR-9000」との比較テストで行われた。

 テスト車両はトヨタ・マークX。装着タイヤサイズは215/60R16 95V、空気圧は250kPaに設定されている。条件を統一するため、タイヤ交換を行い、同じ車両を用いた。

 同社のテストデータによると、「GR-XT」は「GR-9000」対比で転がり抵抗が20%低減したという。実験の結果は歴然とした。手前のプレートが「GR-XT」の停止位置、小さくて見にくいかもしれないが右端に写るプレートが「GR-9000」の停止位置である。その差はおよそ20mにも及ぶ。

運動性能、快適性能はそのままに

 「REGNO」はタクシーへの装着が非常に高いという。同社が昨年、都内の個人タクシーにおけるタイヤ装着状況を調査したところ、同社製タイヤの装着率は6割を超えており、中でも「REGNO」がNo.1ブランドだったそうだ。

 そのようなことから、今回の「発表試乗会」は都内と近郊のタクシードライバーとタイヤ販売店関係者を対象とし、当日の参加者は300名を上回った。また、静粛性や乗り心地を評価するメニューも、タクシーにもっとも多いトヨタ・クラウンを使用。後部シートに座り、一般路での走行性能を評価する--つまり、タクシー利用客を想定した方法を採用した。「GR-XT」と比較するタイヤは「ECOPIA EX10」。同社の低燃費タイヤでスタンダードレンジに位置付けられる商品だ。サイズは215/55R17 94V。

 走り出しの低速域でゴーという低いロードノイズが発生するが「GR-XT」ではそれが抑えられていることがよくわかる。マンホールの上を通過したときや道路継ぎ目の段差を乗り越えたときの大きなショック、荒れた路面での小刻みなショックの連続 そのようなシーンでダンピングが効いており、ショックからの回復の早さがシートに座る者にやさしい。「GR-XT」には「3Dノイズカットデザイン」や「偏芯構造」「ノイズ吸収シート」などを採用することで、路面からの振動が伝わりにくいよう設計されているという。

 今回の試乗メニューでは、高速ハンドリング性や高速直進安定性、またウェットグリップといった運動性能に関係する評価を行うことができなかったが「REGNO」のブランド名を冠していること、すなわちその名にふさわしい性能を備えているに違いない。


[PR]

[PR]

【関連記事】