【ブリヂストン】初代ロードスター用「SF325」復刻

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは8月4日、マツダの初代「ロードスター」(NA型)のレストア向けタイヤ「SF325」を来年1月から国内市場で発売すると発表した。タイヤサイズは185/60R14 82Hの1サイズで、希望小売価格は未定。

SF325
SF325

 「SF325」は、1989年に発売された初代「ロードスター」に新車装着されたタイヤ。2003年に生産を終了していたが、マツダがレストアサービスを開始するのに合わせて復刻した。

 今回はコンパウンドなどは最新の技術を応用しつつ、パターンは当時と同じデザインを採用している。またマツダのテストドライバーからの評価を参考に、初代の味付けを再現したという。なお「SF325」は市販用タイヤとしても販売する予定。

 マツダは2018年から初代「ロードスター」のレストア事業とパーツ再供給のサービスを始める。レストア事業はユーザーの「ロードスター」をオリジナルに近い状態にリフレッシュするもので、年内に受付をスタートする。


[PR]

[PR]

【関連記事】