【横浜ゴム】欧州で乗用車用「ALLIANCE」ブランド展開

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは欧州で乗用車用タイヤのブランドとして「ALLIANCE TYRES」(アライアンス・タイヤ)の販売を始めた。アライアンスは同社が昨年7月に買収したアライアンス・タイヤ・グループ(ATG)が農機用タイヤなどで使用しているブランドの一つ。

 従来から欧州を含めた海外市場で販売している「YOKOHAMA TYRES」(ヨコハマ・タイヤ)ブランドはハイパフォーマンスタイヤなどのプレミアムゾーン、アライアンスブランドはスタンダードクラスとすみ分けを図っている。2つのブランドを活用することで、これまで対応できていなかった幅広い層に向けて販売を拡大する。なおアライアンスブランドは今後、欧州以外の地域への展開も検討している。

チェルシーFC新ユニフォーム
袖に「ALLIANCE TYRES」のロゴが入ったチェルシーFCの新ユニフォーム

 また7月21日には同社がオフィシャルパートナーを務める英プレミアリーグ「チェルシーFC」と新たに2017-2018年シーズンのスリーブスポンサー契約を締結した。新しいユニフォームには従来の胸部分に掲示される「YOKOHAMA TYRES」に加えて、「ALLIANCE TYRES」のロゴが左袖口(スリーブ)に表示されており、それぞれのブランド認知度向上に繋げていく。

 横浜ゴムはタイヤ販売拡大に向け、世界各国に多くのファンを持つチェルシーFCと2015年7月から5年間にわたるパートナー契約を結んでいる。チェルシーFCは昨シーズン、プレミアリーグのチャンピオンに返り咲いた名門チーム。


[PR]

[PR]

【関連記事】