タイヤ空気圧管理システムの新製品「エアセーフ」発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ: ,

 バスク株式会社(埼玉県志木市)は、タイヤ空気圧管理システムの新製品「AirSafe」(エアセーフ)を4月1日から販売開始する。メーカー希望小売価格は3万6800円(税抜)。

エアセーフ
エアセーフ

 新製品は新車メーカーの純正部品と同等の精度と最高レベルの感度を持つセンサーを使用しているため、空気圧とタイヤ内温度を正確にモニタリングし表示することが可能だという。センサーは欧州車の純正装着部品と同じくタイヤホイールのエアバルブとともにタイヤ内側に装着するタイプを採用した。一部の特殊形状アルミホイールや鉄ホイールを除いて市販のほとんどのアルミホイールへ装着可能となっている。また国内の電波法をクリアする315MHzの周波数への適合を完了している。

 今後、レシーバー(車内モニター)が不要でスマートフォンで空気圧を確認できるブルートゥースタイプや2輪車専用タイプのラインアップも加わる予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】