【オートバックス】マレーシアで整備士養成を支援

シェア:
カテゴリー: ニュース
マレーシアの整備学校
マレーシアの整備学校

 オートバックスセブンは3月8日、マレーシアで自動車整備技術者養成学校を運営・統括するTOC International Sdn.Bhd(TOC社)へ2月に出資し、このほど締結のセレモニーを行ったと発表した。出資率は8%。同社グループが技術者を養成する企業へ出資するのは今回が初めて。

 今回の出資により、オートバックスセブンは今後、在学生に対するマレーシアやシンガポールにあるオートバックス店舗でのインターンの受け入れや、卒業後の定期的な採用を行うことが可能となる。

 同社はアセアン地域において、シンガポールに3店舗、タイに8店舗、マレーシアに5店舗、インドネシアに5店舗を出店している。

 TOC社はマレーシア国内での自動車整備業界および整備士の地位向上を目指し、2004年から自動車整備士養成学校を運営している。


[PR]

[PR]

【関連記事】