【ブリヂストン】世界耐久選手権シリーズにタイヤ供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
世界耐久選手権シリーズ
世界耐久選手権シリーズの公式サイトより

 ブリヂストンは2月8日、2輪レースの世界耐久選手権シリーズ(EWC)に参戦する2チームに対してタイヤを供給すると発表した。供給チームは「F.C.C.TSR Honda」と「YART Yamaha Official EWC Team」。耐久レースではライダーやスタッフ、マシンなどだけでなく、タイヤの性能も勝敗を決める重要な要素となっており、同社は全日本ロードレース選手権JSB1000や鈴鹿8時間耐久レースなどで培った技術を活かして開発した「RACING BATTLAX」を供給することで、チームを足元から支えていく。

 EWCは8時間から24時間の耐久レース。2016/2017年シーズンは昨年9月にフランスで第1戦が行われており、残りは4戦。全5戦での総合ポイントによってシリーズ優勝が決定する。日本では今年7月に鈴鹿サーキットでシリーズ最終戦となる「鈴鹿8時間耐久レース」が行われる。

 ブリヂストンの鈴木通弘執行役員は、「EWCは現在、2輪ロードレースの世界選手権の中で、複数のメーカーがタイヤを供給する唯一のレース。そのような競争の激しいレースの中、F.C.C. TSR Honda と YART Yamaha Official EWC Teamがブリヂストンタイヤを選んでくれたことに感謝の意を表するとともに、素晴らしい2チームの走りに貢献すべく、努力していく」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】