【ミシュラン】ロボレース用タイヤを開発

シェア:
カテゴリー: ニュース
ミシュランロボカー
ミシュランタイヤを装着したロボカーのイメージ

 ミシュランは2月1日、完全自動運転車のレースを主催するロボレース社から公式タイヤパートナーとして指名されたと発表した。Drive PX2テクノロジーを持つ人工知能をロボカーに提供するNvidia社、すべてのパワーエレクトロニクスを提供する電動トラックメーカーであるCharge社に次いで、3社目のグローバル・パートナーとなる。今後、ミシュランは125年以上にわたるタイヤ開発の技術を活かし、ロボレース社と共同で、専用タイヤの開発に取り組んでいく。

 ロボレースで使用されるタイヤは、「消費者に利益をもたらす自動運転技術をソフトウェアとハードウェアの両面において、迅速に市場に投入することが求められる」(同社)。ロボカーのスピードや過酷な走行条件に対応できることはもちろん、一般車両での使用にも適合している必要がある。

 ミシュラン・モータースポーツディレクターのパスカル・クアスノン氏は、「提携を大変うれしく思う。我々はレースの進展を注意深く見守り、これまで様々なテストを続けてきた。自動運転技術は実現に近付いており、当社は研究開発の先頭に立つことを目指している」とコメントを発表した。


[PR]

[PR]

【関連記事】