【ブリヂストン】米子会社が鉱山用の管理ソフト刷新

シェア:
カテゴリー: ニュース
TreadStatのイメージ
TreadStatのイメージ

 ブリヂストンは1月25日、米国子会社ブリヂストン アメリカス・インクが建設・鉱山車両用のタイヤ・ホイール管理ソフトウェア「TreadStat」(トレッドスタット)を刷新したと発表した。

 リニューアルした管理ソフトでは、カスタマイズが行えるダッシュボードなど新しいユーザーインターフェイスを備えたほか、あらゆる場所からパソコンやタブレット、スマートフォンで分析情報にアクセスすることが可能となった。

 また多言語サポート機能の追加や利便性に優れたAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)のほか、同社のタイヤ圧力・温度管理システム「B-TAG」からリアルタイムでデータを反映する機能などを採用している。

 これらの機能を活用することで、タイヤ在庫の適正管理や安全性の向上、コストの最小化が期待される。さらに交換時期の予測や作業スケジュール、予算管理の精度を高めることもできるという。

 同社では「鉱山業界のニーズに対応するため、タイヤのライフサイクル全体にかかるコスト管理をサポートし、効率性および収益性の向上に貢献する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】