激安通販から顧客を呼び戻す、タイヤの見積もり専用サイト

シェア:
カテゴリー: ニュース

 タイヤ見積もり.COM(ドットコム)は、完全無料のタイヤ交換一括見積もりサイトだ。セルフSSの委託・請負やSSの人材派遣サービスを行う株式会社大栄舎(名古屋市)を母体に、今年4月にサービスを開始した。国内では業界初となるタイヤ交換の一括見積もりサイトは、インターネットと実店舗を繋ぐ画期的なサービスだが、同社が無料でサービスを展開する狙いは、どこにあるのか――。同サイトを担当するWEBサービス事業部の出口裕二課長に聞いた。

タイヤ販売店とユーザーをインターネットで結びつける

大栄舎の出口課長
大栄舎の出口課長

 「ネットの激安通販に流れている顧客を、店舗に引き戻すのがこのサイトの一番の狙い」と、出口課長は話す。「サイトを窓口にして販売店とユーザーの接点を作り、店舗に顧客を引き込むためのビジネスチャンスに繋げてもらうことを目的としている」

 同サイトのシステムは、中古車や保険などの一括見積もりサイトと似ている。ユーザーは自分の住所周辺から店舗を検索し、希望するタイヤサイズや車種、本数などの条件を入力して、同時に複数のタイヤ販売店に見積もり依頼のメールを送ることができる。

 その後、メールを受信した販売店は7日以内に依頼者に対してメールまたは電話で連絡。ユーザーは希望に合う店を選択し、来店して作業を受ける仕組みだ。GPS機能によって現在地周辺の店舗検索も行える。

 「販売店向けに返信用のテンプレートを用意してあるので、受信後すぐに見積もりを提示できる。また文面を工夫することで、より来店のメリットを訴求することもできる」

 ユーザーにとっては通販と大差ない手軽さで見積もりが取れ、タイヤショップにとっては新規顧客の開拓やPRの機会を得ることができるのが特徴だ。

 現在、参加店舗の間口を広げるため無料でサービスを提供しており、サイト自体はバナー広告の収入のみで運営されているという。完全無料で参加でき、ウェブ検索で上位に出るための地域SEOにも強い。地元の顧客をネットから吸い込みたい店舗にとっては大きなメリットだ。

 出口課長は、「このサービスが真価を発揮するには、参加されている店舗の密度が必要」と話す。密度の高いエリアはユーザーの利用も活発になり、販売店もユーザーもサイトもWIN-WIN(ウィンウィン)の関係を築けるからだ。

 「だからこそ完全無料でサービスを提供している。ネット通販の価格競争や顧客の流出に悩む店舗には是非、積極的に参加して頂きたい」

タイヤ見積もり.COMのトープページ
タイヤ見積もり.COMのトープページ。タイヤ販売店の参加申請や取り引きの流れなどが掲載されている。

 2016年11月時点の参加店舗数は約160店舗。地域によって多少の偏りがあるが、参加数が多い愛知県などでは、利用者数が堅調に伸びているという。

 参加する店舗が増えるとライバルも増えるように思われるが、実際はユーザーの利便性が上がるほど、顧客獲得の機会がさらに増える傾向にあるそうだ。

 タイヤ販売店の参加条件は5つで、タイヤ交換の技術やメールの送受信が可能であるかなど。参加申請後、同社による確認作業を兼ねた数日の審査を経て、掲載がスタートする。店舗や作業風景の写真をアップすることで、その店の雰囲気をユーザーに知らせることもできる。店舗自身が独自に工夫を凝らすことによってさらなる訴求効果も期待される。

 出口課長は「我々はあくまで入り口」と語る。その上で「ネットユーザーを販売店に引き込み、売上アップに繋げていって欲しい。そのためにも、販売店の方々にもサイトを気軽に利用していただきたい」と力を込める。

 開始から半年ほどで、まだ発展途上にある「タイヤ見積もり.COM」。今後、参加数が伸びて知名度が上がれば、価格重視になりがちなネット通販から顧客を引き戻す強い助けになってくれそうだ。

 同サイトのURLはhttps://tire-mitumori.com/ 


[PR]

[PR]

【関連記事】