コンチネンタル「プレミアムコンタクト6」来年国内発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
PremiumContact6
PremiumContact6

 独コンチネンタルは11月28日、乗用車用タイヤの新製品「PremiumContact(プレミアムコンタクト)6」を来年1月初旬から各国で順次発売を開始すると発表した。発売サイズは16~21インチの70サイズ。日本国内では6月頃の発売を予定している。

 新製品は中・大型乗用車およびSUV/4×4用タイヤをメインターゲットに開発。新たに開発したコンパウンドとトレッドパターンを組み合わせた新構造を採用した。これにより、転がり抵抗や耐久性を高めつつ、快適性を従来モデル(コンチスポーツコンタクト5)と比較して約15%向上した。

 コンチネンタルタイヤのEMEA地域製品マネージャーであるカタリーナ・シルバ氏は、「新製品は、乗り心地の良いセダン用タイヤとスポーツカータイヤの長所を融合することに全力を注いだ」とコメントを発表した。その上で「安全性や快適性、持続可能性の理想的なバランスを高い次元で実現するという当社のコミットメントを実証している」と述べている。

 なお、新製品はすでに各国の新車メーカーで約70種類のプロトタイプが新車装着用タイヤとして認証を受けている。

 また今後、現行品「コンチプレミアムコンタクト5」と「コンチスポーツコンタクト5」は順次、新製品に切り替わっていく予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】