歩行者対応自動ブレーキ評価、「アクセラ」がトップに

シェア:
カテゴリー: ニュース
歩行者対応自動ブレーキ
アクセラの歩行者対応自動ブレーキのデモンストレーション

 国交省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は12月1日、茨城県つくば市の日本自動車研究所で報道関係者を対象に、平成28年度前期の自動車アセスメント評価結果の発表と、歩行者に対する被害軽減ブレーキ評価試験のデモンストレーションを行った。

 今回予防安全評価を受けた11車種は全てで総合評価最高ランクを獲得。今年から評価項目として追加された対歩行者自動ブレーキについては、マツダの「アクセラ」が25点満点中24.5点を獲得した。2位は、富士重工業の「フォレスター」(23.5点)、3位も富士重工業の「インプレッサ」(22.9点)となった。

 自動車アセスメントは1995年から行われており、さまざまな予防安全の観点から評価基準や項目が強化されてきた。今回の評価項目追加の背景には、状態別の交通事故者数に占める歩行中の死亡者数の割合が挙げられる。近年大きく減少した自動車乗用中に対し、歩行中は減少幅が小さく、現在もっとも割合が高くなっている。2016年では全体の約37%を歩行中の死亡が占めており、国土交通省では歩行者事故防止対策を喫緊の課題としてきた。

歩行者対応自動ブレーキの車両
今回の評価で対象となった車両の一部

 NASVAの鈴木秀夫理事長は、「高い評価を得た自動車が普及した際に多くの事故が防げるように、実際の被害が多い状況を再現してテストを行った。自動車アセスメントでは、交通事故による被害者のさらなる削減を目指し、事故を未然に防ぐ予防安全の評価を行い、評価項目を拡大した結果、予防安全装置の装着が広がっている」と、活動の成果を語った。

 被害軽減ブレーキ評価試験のデモンストレーションでは、アクセラを使用して時速20kmで走行中、歩行者を模したダミーが車の影から時速5kmで出てきた場合を想定して行われた。ロボット制御によって同等条件で行われる評価試験と異なり、今回はドライバーが乗車した。

将来はタイヤの検討も

 国土交通省自動車局の島雅之次長は、「現在、タイヤは評価対象外となっているが、今後要望が多く、車体や機能との相性など評価の必要が出てきた場合は、車体のパーツとしてではあるが検討する」と話した。また、NASVA自動車アセスメント課長大森隆弘氏は「この制度が始まってから、車体は大きな変化を遂げた。アセスメントは基準がない部分に一定の判断基準を作っていく、さきがけのような存在。今回の制御装置などは、いずれは自動運転に繋がる布石と考えている」と語った。

 交通事故の死亡者数は過去最悪を記録した1970年の1万6765人に対し、2015年には4117人まで減少したが、負傷者数は66万6023人と依然として高い水準が続いている。


[PR]

[PR]

【関連記事】