日本初 VWがパンク補償サービス開始

シェア:
カテゴリー: ニュース
VW 店舗イメージ
VW 店舗イメージ

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは11月15日、「3年間のタイヤパンク補償サービス」を導入したと発表した。フォルクスワーゲンの正規販売店で、新品タイヤを購入した顧客に対する補償サービスとして無料で実施する。同社によると、正規自動車販売店におけるアフターサービスとして日本で初となる。

 補償内容は、サービス開始から最初の1年間については、パンクしたタイヤと同一銘柄のタイヤを無償提供するとともに無料でタイヤ交換作業を行う。また2年目以降については、タイヤ代金の一部をユーザーが負担するが、交換作業は無料で実施する。

 なおスタッドレスタイヤについてもサービスの対象となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】