コンチネンタルタイヤ WC予選で“エスコートキッズ”プログラムを実施

シェア:
カテゴリー: ニュース

 サッカーワールドカップのアジア最終予選のオフィシャルスポンサーを務めるコンチネンタルタイヤ・ジャパンは、10月6日に埼玉スタジアムで行われた日本対イラクの試合において、日本で初めてエスコートキッズを募集し、プログラムを実施した。

 コンチネンタルタイヤは、1995年にUEFA チャンピオンズリーグをスポンサード以来、サッカーを戦略的コミュニケーションの柱とし、国際的なサッカー大会に深く関わってきた。

 今回はアジア最終予選の日本対イラク戦に向けて、試合前に国内外の代表選手と手を繋いでピッチに入場する「エスコートキッズ」を募集し、6歳から10歳までの男女児22名が参加。プログラム終了後、エスコートキッズプログラムに初挑戦した子どもたちからは喜びの声が聞かれた。


[PR]

[PR]

【関連記事】