住友ゴム、FALKENタイヤで「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、5月26日から29日にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース「ニュルブルクリンク24時間レース」にFALKENモータースポーツチームとして参戦する。昨年に引き続き「Porsche 911 GT3R」2台体制で総合優勝を目指す。また、住友ゴム工業としては、3年ぶりに「SP3T」クラスで参戦するスバルテクニカインターナショナルの「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2022」にFALKENタイヤを供給する。

 同社グループは世界一過酷なレースとも言われる「ニュルブルクリンク24時間レース」に、1999年以来、FALKEN モータースポーツチームとして参戦を続けている。昨年はレースを一時中断するほどの濃霧や豪雨に見舞われ、完走すること自体が難しいレースとなったが、チームが一丸となってレースに挑み、同チームの2台は総合4位と9位で、ともに完走を果たした。


[PR]

[PR]

【関連記事】