ミシュラン「ジャパントラックショー」で最新のソリューション提案

ミシュランのブースイメージ
ミシュランのブースイメージ

 日本ミシュランタイヤは5月12~14日に神奈川県のパシフィコ横浜で開催する「ジャパントラックショー2022」に出展すると4月20日に発表した。

 同社では「『ミシュランの考える新物流時代』をテーマに、人手不足・高齢化・2024年問題が深刻な運輸業界の課題解決に貢献する、先進的なデジタルソリューションを提案する」としている。

 今回のブースでは、タイヤ使用プロセスのDX化を図る最新のソリューションを中心に紹介する。タイヤの個体管理を可能にする「RFID」内蔵タイヤを装着した車両のほか、大型トラック向けレスキューサービスのデジタルアプリケーション「MRN GO」、タイヤ点検の省力化を図るデジタルソリューション「MICHELIN Tire Care」などを展示する予定。

 なお、参考出品するタイヤの残溝点検が可能な「MICHELIN Quick Scan」は日本初公開となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】