仏企業の支援で脱炭素化 ミシュラン、ENGIEと契約

シェア:
カテゴリー: ニュース

 仏ミシュランは9月24日、仏エネルギー企業ENGIE(エンジー)の支援で仏中部クレルモン=フェランのカタルー工場のエネルギー消費を最適化し、温室効果ガス(GHG)排出量を削減すると発表した。

 エンジーとの契約は10年間で、同社は蒸気や暖房、冷水などの管理や、新しいエネルギー設備の設計と運用、廃熱回収システムの導入を行う。これにより工場の天然ガスの消費量は50%、水の消費量は13%それぞれ減少する計画。また、廃熱は工場のほか、地域の暖房ネットワークに送り年間で4000世帯分の暖房のエネルギー源としても利用する。この取り組みで、7000トンのCO2排出量が削減される見込み。

 ミシュランでは「このプロジェクトで、カタルー工場は長期的にエネルギーの、そして環境に優しい転換を確実に行い、地域の脱炭素化にも貢献する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】