グッドイヤー 欧州工場で再生エネルギー活用

シェア:
カテゴリー: ニュース

 米グッドイヤーは欧州およびトルコの工場の電力を100%再生可能エネルギー由来に切り替えると発表した。同社は2023年までにCO2排出原単位を2010年比で25%削減するという目標を掲げている。

 今回、約70万メガワット時の再生可能電力を購入することで、同社のカーボンフットプリント(CO2排出量)は最大26万トン削減できる。

 この取り組みは、2022年末までに欧州・中東・アフリカ地域の全工場で100%再生可能エネルギーを調達する計画の第一段階として実施するもの。フランス、ドイツ、ルクセンブルク、ポーランド、スロベニア、トルコ、オランダの工場を対象とする。南アフリカやクーパータイヤのセルビア、英国工場は第二段階で検討する。


[PR]

[PR]

【関連記事】