ブリヂストンタイヤジャパン プロモーション活動を発表

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンタイヤジャパン発表会
8月29日に都内で行われた発表会

 ブリヂストンタイヤジャパン株式会社は8月29日、都内で会見を開き、非降雪地区も含めたより多くのユーザーにスタッドレスタイヤの重要性を伝える活動に取り組む方針を発表した。

 同社が行った調査では、東京、愛知、大阪におけるスタッドレスタイヤの保有率は20年前と比べて約3倍に増加しているものの、現状31%にとどまる。

 同社執行役員の黒岩和重消費財事業統括本部長は、「一昨年や昨年は、非降雪エリアの都市部で突然の降雪で交通がマヒした。また降雪はなくても凍結によりスリップの危険性は高まる。スタッドレスは降雪地区だけの話しではなくなっている」と説明する。

 今シーズンは綾瀬はるかさんを起用した新テレビCMを9月1日からオンエアを開始するほか、2012年より実施している日本アイスホッケー連盟への協賛を通じて、ブリヂストンの独自の技術である「発泡ゴム」の“効きの長持ち”など「ブリザック」の価値を伝えていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】