住友ゴム、杖先ゴムを開発 スタッドレスの技術を応用

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は8月18日、同社のスタッドレスタイヤの技術を応用したステッキ用の新しい杖先ゴム「Elxi」(エリクシィ)をカインドウェアと共同開発したと発表した。

 「エリクシィ」は、交換サインが付いたことが特徴。また、底面中央の突起とトレッド形状により濡れた路面でのグリップ力が向上し、安全な歩行をサポートする。さらに、スタッドレスタイヤの技術を応用した専用ゴムを使用しているため、寒い日でも硬化・劣化しにくく、路面をしなやかに捉え、オールシーズンに対応するという。

 なお、同製品はカインドウェアが展開するヘルスケアブランド「KINDCARE」(カインドケア)から8月23日に発売した。

 住友ゴムでは、車いす用可搬形スロープや骨盤まわりをサポートするインナーウエア「ナチュアシスト」、水枕・保冷用具など様々なヘルスケア用品を提供している。


[PR]

[PR]

【関連記事】