住友ゴム「TCRジャパンシリーズ」に来シーズンからワンメイク供給

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は8月20日、2019年に始まったツーリングカーレース「TCRジャパンシリーズ」にダンロップのレーシングタイヤをワンメイク供給すると発表した。期間は来シーズンから2024年までの3シーズン。

 TCRレースは、TCR規定の市販車がベースとなるため、プロに限らず多くのドライバーが参加できる。同社によると欧州やアジア、豪州、北米、南米など世界的に人気が高まっているという。 

 同社では、「今後もレース現場で培ったタイヤ開発技術を活かし、ドライバーの皆さまにハイレベルなレースを楽しんでいただけるレーシングタイヤを供給していく」としている。

 なお、「TCRサウス・アメリカ」でも2021年から2シーズンにわたりダンロップの供給が決定している。


[PR]

[PR]

【関連記事】