ミシュランとカーシェア協会が連携 災害時により迅速な活動へ

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは7月28日、一般社団法人日本カーシェアリング協会と「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」を締結したと発表した。ミシュラングループは、2011年に発生した東日本大震災の直後から日本カーシェアリング協会の活動に賛同し、これまで10年間にわたり、全国から寄付で集められた車両にタイヤを提供してきた。

モビリティ・レジリエンス・アライアンス概要
モビリティ・レジリエンス・アライアンス概要

 大規模な自然災害が発生した際は被災者が車を失うことも少なくない。今回の協定では被災地に車両を無償提供する日本カーシェアリング協会が事務局となり、企業や団体、自治体が連携して災害が起きた際により効果的なモビリティ支援を迅速に行うことを目的としている。

 また、実際の大規模災害時では、地域社会の復興に向けて多種多様な連携支援が必要不可欠となる。こうした中で同社ではこの協定に賛同する多くの企業や団体、自治体とともに「災害時に車に困らない社会の実現」に向け、地域社会の安心安全へ貢献していく。

 日本ミシュランタイヤの須藤元社長は、「ミシュランの企業理念である“モビリティの継続的な発展に貢献する”ことは有事の際はもちろん、将来のリスクに備えた活動も含まれる」とコメントした。その上で、「この協定により、車を失い、移動に困難を抱える被災者の支援と迅速な対応が可能となる。災害時に必要とされるタイヤをいち早く供給し、被災者への確実なモビリティ支援を実現していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】