オートバックスと日本カーシェアリング協会 災害支援協定を締結

シェア:
カテゴリー: ニュース

 オートバックスセブンは7月21日、一般社団法人日本カーシェアリング協会と災害支援協定を締結したと発表した。毎年のように起こる自然災害に対して、より迅速かつ安定的に支援連携を実施していくための体制強化が目的。

 同社と日本カーシェアリング協会は、2016年の熊本地震の対応をきっかけに支援連携を開始し、その後の九州北部豪雨や西日本豪雨、台風19号などの災害時でも協力し被災地の復旧支援を行ってきた。

 今回の協定締結により、被災地に迅速に車を届けるための支援体制を強化する。また、被災して車を利用できなくなった住民のために、シェアリングカーの寄贈・運搬・メンテナンスといった支援活動も行っていくという。


[PR]

[PR]

【関連記事】