横浜ゴム、自動車用エアコンホースを大幅に軽量化 2024年から事業展開

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは7月27日、自動車用エアコンホースの大幅な軽量化に成功したと発表した。2024年から本格的な事業展開を目指す。

 今回発表したホースは、独自技術を駆使して開発したゴム・樹脂ポリマーアロイを用いることで柔軟性、耐熱性といったゴムの特性を活かしながら、樹脂の高いガスバリア性によって従来比50%の軽量化を実現した。製造時には、多量の熱を使う加硫が不要のため、カーボンニュートラル達成にも貢献するという。

 横浜ゴムでは、「航続距離の延長や燃費向上の観点から車両の軽量化が課題のひとつとなっており、搭載部品への軽量化ニーズはますます高まっている」と指摘している。今後、ゴム・樹脂ポリマーアロイを活用して他の自動車配管への参入も検討する。

 同社は今年2月に発表した新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023」(YX2023)の中でホース配管事業をMB事業を牽引する成長事業のひとつと位置付けている。


[PR]

[PR]

【関連記事】