グッドイヤーがタイヤを供給する「GAZOO Racing Yaris Cup2021」が開幕

シェア:
カテゴリー: ニュース
グッドイヤーがタイヤを供給する「GAZOO Racing Yaris Cup2021」が開幕
グッドイヤーカラーリングを施したヤリスカップカー

 日本グッドイヤーは6月17日、同社がタイヤをワンメイク供給する「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup2021」が6月5日に開幕したと発表した。同レースは静岡県の富士スピードウェイで開催し、91台がエントリーした。

 グッドイヤーは、ハイグリップ・スポーツタイヤ「EAGLE RS SPORT S-SPEC」を供給。同社では「優れたグリップ力はスタート直後から発揮され、コーナーからの立ち上がりに貢献する」と説明している。

 このレースは、グッドイヤーが2012年からタイヤをワンメイク供給していた「Netz Cup Vitz Race」の参戦車両と名称を改めたもの。一般道を走行する市販車と同条件の車両で参加するため、アマチュアのユーザーでも多額の費用を掛けずに参戦できる。

 なお、グッドイヤーはタイヤの供給に加え、レース参戦者のタイヤ交換やメンテナンスサービスを提供するなど、トータルなサポートを行う。そのほか、同社ブランド仕様のカスタマーカップカーを投入し、レースへの参戦や来場者のレース体験などを実施する。


[PR]

[PR]

【関連記事】