ブリヂストン、中国の合成ゴム製造子会社を売却

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは6月15日、中国で乗用車用タイヤ向け合成ゴムを製造・販売するグループ会社を売却すると発表した。12月14日までに普利司通(惠州)合成橡胶有限公司(BSRC)の全株式を、素材・化学関連事業をグローバル展開するLCY Chemical Corporation(LCY)に売却する。売却価額は非公表。

 同社は2月16日に発表した中期事業計画の中で、グローバル全ての地域、領域を対象とした経費・コスト構造改革を進めていることを発表した。今回の事業再編もその一環となる。

 BSRCの2020年の売上高は3億9900万元(約62億円)。従業員数は133名。ブリヂストンでは「素材・化学関連事業について卓越した専門性を有するLCYに売却することで新たなシナジーが生まれ、BSRCがサステナブルに社会価値・顧客価値を創出することができると考え、今回の売却を決定した」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】