東京、神奈川でドライバーへ啓発 JAFが国際自動車連盟のキャンペーンに協力

シェア:
カテゴリー: ニュース

 JAF(日本自動車連盟)は、6月7日から7月4日まで、FIA(国際自動車連盟)が実施している「#3500LIVESキャンペーン」に協力し、レーシングドライバーであるフェルナンド・アロンソ氏が交通安全を啓発するポスターなどを東京都や神奈川県で掲示している。

 現在、世界各地で毎日3500人以上の人々が道路で死亡しているという。その中でFIAは、交通安全啓発の一環として「#3500LIVESキャンペーン」を実施。これは全ての道路利用者がより安全に道路を利用するための役割を示し、自身と他者の安全を守ろうというもの。

 JAFはキャンペーンに協力し、FIAが定めた15のテーマのうち「シートベルトを必ず着用しましょう」「運転前にタイヤをチェックしましょう」の2つのポスターをバス停などに設置。SNSなど様々な形での情報拡散を図っていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】