コンチネンタル、元F1チャンピオンがブランドアンバサダーに就任

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独コンチネンタルは5月20日、2016年のF1チャンピオンでサステナビリティ起業家としても知られるニコ・ロズベルグ氏がブランドアンバサダーに就任したと発表した。同社では「持続可能なモビリティを推進するための活動に共同で取り組む」としている。

 ロズベルグ氏は「私と同じように、コンチネンタルも持続可能なモビリティを実現することを強くコミットしている」とした上で、「そのためにはタイヤの開発と革新が不可欠だ。このような価値観の共有が、私たちの協力関係の基盤であると考えている」とコメントした。

 また、同氏はコンチネンタルがメインスポンサーとタイヤサプライヤーを務める電動SUVレース「エクストリームE」にも「Rosberg X Racing」として参加。今年4月のサウジアラビアで開催したレースで優勝している。


[PR]

[PR]

【関連記事】