「ミシュランガイド北陸 特別版」を発表 5年ぶりの富山・石川に福井を追加

シェア:
カテゴリー: ニュース
日本ミシュランタイヤの須藤社長
日本ミシュランタイヤの須藤社長

 日本ミシュランタイヤは5月19日、「ミシュランガイド北陸 2021 特別版」に掲載する飲食店やレストラン、宿泊施設を発表した。

 今回の対象エリアは富山、石川、福井の3県で、飲食店・レストラン347軒、旅館37軒、ホテル12軒の合計396軒を掲載する。富山県、石川県の二つ星、一つ星の掲載店はいずれも増加し、石川県金沢市にある日本料理の「料理 小松」は最高評価の“三つ星”となった。また、福井県でも8軒を星付きで紹介。持続可能な食に取り組む飲食店・レストランに光を当てる「ミシュラングリーンスター」の掲載店は3県で19軒となった。

 「ミシュランガイド北陸 2021 特別版」は、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」から5年を経て、2019年秋から富山県、石川県全域を再調査。国内26エリア目として初めて福井県全域を加えて一冊の書籍として発行する。

 発表会見で日本ミシュランタイヤの須藤元社長は、「コロナ禍の中でも懸命に努力をされてきた皆様のおかげで、調査員は通常の調査を実施し、予定どおり発行できた。お勧めの飲食店・レストラン、宿泊施設の情報を速やかに皆様にお届けすることが、業界への応援になる。ミシュランはこれからも旅の楽しみを提供し、タイヤで安心・快適な移動をサポートするモビリティカンパニーであり続る」と述べた。

 「ミシュランガイド北陸2021特別版」は5月21日から全国の書店などで発売する。価格は3300円(税込)。


[PR]

[PR]

【関連記事】