ブリヂストン オリンピックチャンネルの公式パートナーに

シェア:
カテゴリー: ニュース
オリンピックチャンネル
オリンピックチャンネル

 ブリヂストンは8月15日、国際オリンピック委員会(IOC)が運営する「オリンピックチャンネル」の最初の協賛社としてパートナー契約を締結したと発表した。契約期間は2020年までの4年間。

 オリンピックチャンネルは、オリンピックムーブメントやスポーツの力を、年間を通じて伝えていくデジタルプラットフォームとして、リオデジャネイロオリンピック競技大会閉会後の21日にスタートした。

 今回の契約は、オリンピック期間外も年間365日、世界中のファンにオリンピックムーブメントやスポーツの力を届けていくという、IOCの使命に賛同したもの。

 ブリヂストンは創設メンバーとして、オリンピックチャンネルの立ち上げをサポートし、オリンピックのコンテンツをいつでもどこでも様々なデバイスで楽しめるようにするため協力していく。

 また同社はオリンピックチャンネルで展開されるオリジナルプログラムの「Against All Odds」にも協賛する。これは、8つのエピソードからなるドキュメンタリーシリーズで、8名のアスリートが人生の転機や、困難を乗り越えゴールに到達するためにどのような意思を持ち決断をしたのかを、本人の言葉で語る内容となる。

 オリンピックチャンネルのURLはhttps://www.olympicchannel.com/


[PR]

[PR]

【関連記事】