住友ゴム宮崎工場 創業40周年で記念祭開催

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ: ,
住友ゴム 宮崎工場40周年記念祭
鏡割りの様子

 住友ゴム工業は8月11日、宮崎工場で操業40周年記念祭を開催した。記念祭には同社から吉岡哲彦執行役員、小松俊彦執行役員、齋藤健司執行役員、社員とその家族など約200名が参加。また来賓として都城市の池田宜永市長らが出席した。

 当日は同工場の岩田拓三工場長が「地域に愛される工場として存続し続けることが宮崎工場の使命であり、そのためにはそこで働く従業員が誇りを持てる工場でなければならない」と挨拶を行い、社員や協力企業、地域社会への感謝を述べた。また会場では熊本地震へのチャリティーバザーなどが開催された。

 1976年に操業を開始した宮崎工場は乗用車用、小型トラック/SUV用、およびトラック・バス用タイヤなどの高性能タイヤを生産し、海外への輸出量は同社の国内工場の中で最大規模を誇る。

 また社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、産業廃棄物の削減や自然環境保護などの環境に配慮した活動だけでなく、今年3月に都城市と「災害時における施設利用に関する協定」を締結するなど地域に密着した取り組みも進めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】