英社のブランド価値調査 ミシュラン、ブリヂストンがトップ

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ:

 英コンサルティング会社のブランドファイナンス社がタイヤ分野のブランドランキングをまとめた。それによると、ミシュランがブランド価値で前年比4.4%減の68億4800万ドル(約7476億円)、ブランド力(BSI)は100点満点中、1.4点減の84.8点となり、両ランキングでトップを維持した。

 ブランドファイナンス社は、「タイヤ業界はパンデミックにより苦戦したが、ミシュランはイノベーション戦略を推し進め、最初のエコタイヤ『e.Primacy』をデザインした」などと評価した。

 また、ブリヂストンはブランド価値が3.1%減の68億500万ドル、BSIは2.2点増の79.5点となり、両ランキングで2位だった。ブランドファイナンス社は、トップの2社とも環境目標やレース活動に取り組んでいる点を指摘した。

 なお、ブランド価値ランキングでは、コンチネンタルが4.7%減の31億6300万ドルで3位だったほか、横浜ゴムが8位で13.3%減の7億5700万ドル、住友ゴム工業は9位で1.8%減の7億4300万ドルだった。車両販売台数の減少などタイヤ需要の低迷により、トップ10はいずれもブランド価値が減少した。


[PR]

[PR]

【関連記事】